2018年 09月 07日 ( 1 )

北海道胆振東部地震災害発生

9月7日(金)
昨日6日午前3時過ぎ、胆振東部の厚真町安平町を震源として
震度7の大地震が起きました。

静内も市街地のほうでは大きな揺れがありタンスの下敷きとなって
亡くなった方もおられます。
ねこや食堂がある東静内も震度5の大きな揺れでしたが、
物が多少落ちたくらいで被害はありませんでした。

テレビをつけて見ていたら地震発生中の千歳空港と苫小牧の
映像で大きく2回、発光が見られました。
なんだろう、と思っていましたがその後すぐに停電となりました。
今思えば、苫東火力発電所のスパークだったのかも。

停電のあとしばらくネットが使えたのでツイッターなどで情報を
得ていましたが、うちのネット環境はモバイルwi-fiなので電池切れとなりまして
情報終了。

6日は終日停電。ねこや食堂は木曜定休日でした。
冷蔵庫、冷凍庫にある食材を気にしながら通電を待ちました。
真っ暗なまま夜になり、早め就寝。

7日、未明に静内市街で電気が開通したとのことで、妹の家で
携帯電話とモバイルwi-fiの充電をさせてもらいながら
買い物とガソリンを入れてきました。
道路状況がよくないので、今後の供給が見通し立たないようです。
ガソリンは油量制限のガソリンスタンドもあり、売り切れのお店もあります。
私が入れたセルフスタンドは油量制限はなかったですが現金販売のみでした。

マックスバリュ静内店でペットフードを買い足しておこうと行ってみたら
店内には入れずお店の外でバナナや卵、菓子パンなどを販売していました。
それも午後には終了していたようです。
お隣のツルハドラッグマックスバリュ店では入場制限していましたが
店内で販売されていました。
お店の品物が棚から落ちて散乱している状態でしたが
店員さん総出でレジ打ちしてくれました。
ありがたかったです。

お昼前に戻ってきたら、ねこ食も電気復旧。
本当に安心しました。

電気がない状態だと本当に情報がありません。
テレビでいろいろな被害を初めて見ましたが、
災害中の人にはこの情報は届かないんですよね。
なんとも歯がゆい。
ネットがつながればテレビもオンデマンドで見られますし
テレビを装備している車があればいいですが
うち、スマホも車テレビもないしね~

浦河も午後には電気が通じてよかったです。
今回は日高に水力発電所(高見、静内)があって
再稼動させて電力供給が出来たのだそうです。
火力発電所、水力発電所、本州からの電力送電、電力マンの不眠不休の仕事ぶりで
おかげさまで電気が通じました。
本当にありがたいです。

泊原発が稼動していなくてほっとしました。
泊原発がもし稼動している時に地震で停止したとして、
他の電力で冷却装置を動かさなければならないのですが
北海道全体の電力がダウンしていた今回のケースだと
冷却できずにメルトダウンする恐れもあったかも知れません。
今回も使用済み核燃料の冷却は続けていたので
外部電源復旧できてよかった。
そもそも泊原発は活断層の存在が原因で再稼動できないのに
活断層地震災害のための停電で「再稼動した方がいい」というのは
なにかおかしいと思います。
活断層の恐ろしさを噛み締めて、更なる事故が起きないようにするには
どうするかを考える方向でぜひ。

ねこや食堂は明日8日(土)朝8時から午後2時まで営業予定です。
冷蔵庫、冷凍庫の食材はほぼ無事でした。
真夏のものすごく暑い時期でなくて不幸中の幸い。
うどんはOKですが、ご用意できていないメニューもあるかも
知れません。

あと、真冬でなくて助かった、とも言えますよね。
ねこ食は薪ストーブなので停電でも焚けますが、
真冬の停電は本当に怖い。
まだまだ余震も続いています。
今年は本当に災害が多い日本列島。
どこの被災地の皆さんもどうか体調に気をつけて。






[PR]
by eniwasorati | 2018-09-07 20:09 | ねこや日記 | Comments(0)