カテゴリ:大黒座情報( 81 )

「Ray」上映決定!

久しぶりの浦河大黒座情報です。
現在は「東京タワー」上映中、5月27日まで。
恋愛純愛邦画が続きましたが、
いよいよハリウッド映画!
オスカー主演男優賞に輝いた「Ray」が
5月28日より上映です。

昨日、浦河のツタヤに行ってレイ・チャールズのCD
輸入版が安かったので買うかどうかすごく迷ったのです。
イーグルスのベスト版もほしかった。
エリック・クラプトンのベスト版も…
ヴァン・ヘイレンのベスト版も…
でもやっぱりイーグルスが…
迷いに迷って結局買えませんでした。
うちの店の営業時間内は一日中同じCDがリピートしているので
自分の好きな曲じゃないといかんのです。
[PR]
by eniwasorati | 2005-05-20 23:37 | 大黒座情報 | Comments(0)

いま、会いにゆきます上映中

浦河大黒座情報です。久しぶり~

4月22日までは「いま、会いにゆきます」

4月23日から5月6日までは「パッチギ」

4月23,24,29、30日と5月1、3日は10時からのみ
アニメ「ワンピース」です。

そのあとも邦画のいいのが続きます。
私もしばらく見に行っていなくて、この春先の
「隠し剣 鬼の爪」を見逃したのが残念でした。

大黒座上映ではないのですが、今見たい映画は
「コーラス」「ウインブルドン」「コーヒー&シガレッツ」
「空を飛ぶ夢」…
そういえば「アビエイター」「オペラ座の怪人」も
早く見に行かないと終わっちゃいますね。
「ナショナルトレジャー」は普通なら一回見ればいい映画
なのですが、でももう一回くらいは見たいなあ。
敵役のショーン・ビーンが書いた落書きが映るので。
[PR]
by eniwasorati | 2005-04-16 21:13 | 大黒座情報 | Comments(0)

今晩10時テレビ東京系(北海道ではtvh)

「ヒューマンD」という番組で浦河大黒座が映ります。
宇梶剛士さんが「お父さんのバックドロップ」という映画の
舞台挨拶に大黒座に来た時に、撮影クルーも一緒だったのです。
大黒座にいらしたことがない方、または今は遠くにいて
大黒座が懐かしい方ぜひご覧下さい。
[PR]
by eniwasorati | 2005-02-21 21:38 | 大黒座情報 | Comments(2)

ゆうばり映画祭鉄ちゃんシネマ大賞受賞

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の創設者で前夕張市長の
故中田鉄治さんにちなんだ「鉄っちゃんシネマ大賞」が大黒座に
送られることに決まりました。おめでとう!
詳しくは北海道新聞の記事でご覧下さい。「大黒座」検索でヒットします。
http://www.hokkaido-np.co.jp

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭
http://yubarifanta.com/
今年は2月24日から28日まで。こじんまりとしてながらも
「国際」とつくだけあって作品も多彩だし、ゲストも豪華です。
なにより手作り感がいいんだよな~。小さい町なので市民も
スタッフも少ないけど、がんばってます。
思えばここでチャウ・シンチーもトヨエツもスー・チーも見た。
タランティーノの作品に一番最初に評価したのがこの映画祭。
「キル・ビル」にもGOGO夕張という娘を出していたでしょう。
小さい食堂にふらっと入っておばあちゃんの作る昔ラーメンを
食べるのもいいですよ。ああ、また行きたい。
[PR]
by eniwasorati | 2005-02-11 20:32 | 大黒座情報 | Comments(0)

アカデミー賞候補

シカゴのシマウマさんのブログでアカデミー賞について
書かれているのでトラックバックしたいのですが、
うまくいきません。

「オペラ座の怪人」はノミネートされているのかな。
「アビエイター」は作品賞とれそうでしょうか。
去年はLOTR総取りでファンは大熱狂だったのですが、
ファンの贔屓目抜きにしたら「マスター&コマンダー」が
もうちょっともらっても良かったと思う。
大黒座さんでは、今年はアカデミー賞がらみの作品
上映できるかなあ。
「ネバーランド」あたりぜひ掛けてほしい。
[PR]
by eniwasorati | 2005-01-27 08:28 | 大黒座情報 | Comments(0)

宇梶さん舞台挨拶、満員御礼

「劇場に入りきれないくらい」というのが現実になりました。

「おとうさんのバックドロップ」15日大黒座初日夜7時の回
上映前に主演の宇梶剛士さんのトークショウを(お相手は
浦河町立図書館の小野寺さん。かねてから懇意のようです)
補助席、立ち見満員で私達は映写室の上の小さな階段から
さらに上にあがって3階、照明用の桟敷から見たのでした。
そういう状態ですので、映画自体はまた後日見ることにしました。
切符に大黒座の若奥さんが期限を書いてくれたので、
なくさないようにしなくちゃ。

トークショウでは宇梶さんと浦河町のつながりや
今回の映画についての苦労話など30分ほどでした。

その中で「役者と言うのは芸者さんと同じで、お座敷が
かかればどんな所でも行って、三味線を弾いたり踊ったり
自分の芸を一生懸命披露するようなもの。気に入ってもらえば
またお声がかかるし、失敗したらもうお座敷に呼ばれない」
という話や、「主役だから、脇役だからという差はない。
せりふが一言しかなくても必要だからその役があるのだし
脇役が気が抜けた芝居をしたら、舞台すべてがだめになる。」
という役者の魂を語っていました。
40歳を過ぎて初めての映画主役になった事については
「台本の一番上に名前があるのは、おおー!って感じでした」

映画を撮るに当たって、まず背筋の肉離れを起こして
撮影中自分ではパンツも靴下も脱ぎ履き出来ない状態
だったそうです。だからリング上の武闘シーンでは
カットがかかるごとにトレーナーやら整体やらが治療に
駆け寄る状況で、観客席にいるエキストラ達も
本気で泣きながら下田牛之助を応援していたそうです。

質問コーナーででた「新選組!」の西郷隆盛については
「せりふのウラにもう一つの意味がある。新選組から見ると
敵役だけれど、西郷なりの理想を持って行動しているような
演技をしました」という感じです。
「バックロドップしてください」という質問…質問か?
「やる方もやられる方もとても痛いのでよい子は
まねをしないで下さい」ということでした。
[PR]
by eniwasorati | 2005-01-16 14:15 | 大黒座情報 | Comments(3)

宇梶さん舞台挨拶!

浦河大黒座ではいよいよ明日「お父さんのバックドロップ」が
上映初日です。そして主役の宇梶剛士さんが舞台挨拶に
浦河にいらっしゃます。
先着100名さまには特製バックドロップタオルをプレゼント。

舞台挨拶は午後1時30分の回が終了後と、
夜7時の回の開始前、2回行われます。

宇梶さんは当日に飛行機で北海道入りだそうですが、
日高の道は積雪が少ないのでおそらく時間どおりに
浦河に入ることができるのではないでしょうか。
映画そのものもとてもいいらしいです。
映画館に入りきらないくらいお客さんが
集まってくれるといいなあ。
[PR]
by eniwasorati | 2005-01-14 19:59 | 大黒座情報 | Comments(0)

北の零年

「北の零年」 上映会
TUKAさんのブログです。映画の舞台となった静内町と
ロケ地である浦河町で先行上映会がありました。
私は今回見なかったのですが、大黒座でも上映するとの
ことです。
TUKAさんはエキストラで参加しているんですよ。
私が静内のコンビニでバイトしているときもエキストラ参加で
初めて静内に来た方が道を聞いていました。
東映のプロデューサーさん情報だと、社長自ら陣頭指揮で
製作した超力作らしいです。
主人公達、洲本藩の人達はこっちに来るまでも
地元でいろいろ大変だったようで。
[PR]
by eniwasorati | 2005-01-12 09:11 | 大黒座情報 | Comments(2)

「お父さんのバックドロップ」いいそうですよ!

.。*○・家族愛・○*。.
トラッキングで感想を教えていただきました。どうもありがとう!宇梶さんはお母さんのご実家が北海道なので、大黒座でも舞台挨拶してくれるのだそうです。ご本人が来るのも嬉しいけど、それがいい映画ならほんとに嬉しいお年玉だなあ。
[PR]
by eniwasorati | 2004-12-22 06:23 | 大黒座情報 | Comments(3)

「笑の大学」見てきました。

笑えました。作・脚本三谷幸喜。監督星護。かなり息があっていると
思います。役所広司と言う人もいい顔するんだよなあ。
吾郎ちゃんも、どこまでも吾郎ちゃんな持ち味を逆手にとって
好感度高めな若手劇作家ぴったりに仕上がってました。

脚本は舞台、ラジオドラマ、映画と作者が何度も手を入れている
だけあって流れるような言葉の楽しさはまさに三谷節炸裂です。
しかしこれは映画。画面作りはどうなんだろう。
…大丈夫、映画のスタッフも受けて立っています。
細かいディティールがすばらしい。特に劇場から警視庁までの
町並みといったら毎回間違い探しのような細かさで時間の流れを
表現しています。
役者もすばらしい。背景も、テキスタイルもほんとに楽しい。
そして心をうつのです。
以下…ネタばれというか、私の感想ですが


これって純愛だよね 。警視庁の真中でなにか叫んじゃってるもん。
[PR]
by eniwasorati | 2004-12-17 12:54 | 大黒座情報 | Comments(0)