カテゴリ:大黒座情報( 80 )

また嵐が来るよ!

おはようございます。
11月12日(月)
今日もまたグルグル回る低気圧が来ています。
この秋は本当に、こういう嵐が多いですね。

ねこや食堂、営業していますが
今朝は8時半から9時半までちょっと出かけます。
戻り次第、通常営業です。

土曜日は大黒座まつりでした。
私は行けなかったんですが、
浦河の手作り家具とカフェ「ガーデンソング」さんの
ブログで楽しそうな内容が書かれていました。
こちら
漫才とか!
いいなあ!

大黒座まつり帰りに翌日寄ってくださったご常連さんによると
手品もいつもどおり、ゆる~くいい感じにアルコールが入って
楽しかったようです。
皆さん、ぜひ来年は大黒座まつり、行きましょう!
[PR]
by eniwasorati | 2012-11-12 08:28 | 大黒座情報 | Comments(0)

浦河 大黒座まつり2012 11月10日(土)

おはようございます。
大嵐は通り過ぎましたが、まだまだお天気が不安定な
11月8日(木)です。
本日は、午前11時から午後2時までの
お昼営業です。

あさってからの週末は通常営業
朝7時からです。
がんばって早起きして、犬たちの散歩を済ませて
7時には開店していたい!なんとか!

…もしかしたら、8時開店になるかもしれません…
…いや、がんばります。
強気でいこう。

浦河大黒座で、恒例の「大黒座まつり」があります。
11月10日(土) 午後5時30分から

前売り 1500円 (当日1600円)
高校生以下は当日、前売り共に500円
チケットは、大黒座または浦河町図書館、ぱんぱかぱん、アッシュで販売
(情報はカフェアッシュさんのブログから頂きました)

内容詳細は、シリウス通信さんが詳しかったです。
こちら
“幻灯&映像ガチャポン大会”があるそうです。
すごく行きたい!

でも、土曜日はねこや食堂、意外と忙しくて、
ここ数年は
大黒座まつりに行けないんですよ。
どなたかぜひ参加して、どうだったか教えてください。
[PR]
by eniwasorati | 2012-11-08 09:10 | 大黒座情報 | Comments(0)

浦河大黒座で「西山正啓映画特集」開催

おはようございます。
9月14日(金)ねこや食堂は通常営業です。

昨日、暑かった…
室内31度…
早め閉店だったので、3時前に閉めて
フク散歩に出掛ける時に幸王ログカフェさんを
ちらっと見たら、ヤギを見にいらしたご家族連れや
ソフトクリームを買うお客さまが結構いました。
幸王さん、風が入って店内も涼しいです。
私も涼みにいきたい。

さて、久しぶりに大黒座情報。

今日14日までは「わが母の記」

井上靖の自伝的小説「わが母の記」3部作(講談社文芸文庫刊)を、
「クライマーズ・ハイ」の原田眞人監督が映画化。
監督: 原田眞人. 出演: 役所広司, 樹木希林, 宮崎あおい.

原田監督の映画はスピード感が好きなので、こういうしっとりした
題材はどうなるのか、見たいなあ。
今日までか…ぐぐぐ

さて、9月15日、16日の大黒座上映は「西山正啓映画特集」です。
「この国の2大国策~沖縄・原発を考える」というタイトルで

脱原発 いのちのメッセージ 子供の日に原発は似合わない(41分+34分)
武藤頼子脱原発ワークショップ~会津磐梯山を踊りながら廃炉アクション(32分)
①10:00~  ②17:00~

主権在民~フクシマから東海村へ(104分)
①12:00~  ②17:30~

チビチリガマから日本を問う(88分)
①14:00~

恨 ハン を解いて、浄土を生きる(85分)
①15:40~

脱原発へのいろいろな行動についての報道は
普通のニュースではあまりなされていません。

東京で毎週行われている脱原発デモも相当大規模ですが
地方の人にはほとんど伝わっていないんですよ。
東京の人達は、自分達が動けば地方も動く、と
思われている節がありますが、
地方の人は、東京の人が思っているほどは
東京の動向を注視してはいませんもん。

そこに、はっきりと温度差が生じていると思う。

というわけで、ドキュメンタリーはテレビのニュースとは
全く違う風景、現実に何が起こっているのかを
つぶさに知らせてくれます。
地方にいて、外で何が起こっているのかを
知るのも大事ですよね。

私は店があるので、見られないのがとても残念ですが
もし時間がおありの方、関心がある方は
ぜひ大黒座へ足を運んで、見に行ってください。

そうだ!
この日は浦河神社のお祭りなので、映画上映中に
お祭りの山車が廻ってきて、演歌を歌ったりして
外が賑やかかもしれない。

映画鑑賞にはちょっとジャマかも知れないですが
それも、平和な浦河の一日。
人々の生活です。
ドキュメンタリーの一部と思われるとよろしいかと。
[PR]
by eniwasorati | 2012-09-14 08:54 | 大黒座情報 | Comments(0)

大黒座で落語会あります

おはようございます。
昨日は久しぶりに本格的な雨となりました。
今朝はすきっと上がったんだけど
まだ寒いですね。
風が冷たいよ。

さて、6月30日(土)に
浦河大黒座で、落語独演会があります。

浦河寄席 「柳家紫文独演会」
6月30日(土) 開場 18時30分 開演 19時
前売り2000円 当日2500円 (全席指定)

末広亭などの寄席に常時出演している
本格落語家さんの寄席です。
お問合わせ、チケットは 浦河大黒座 0146-22-2149まで

日高に東京の落語家さんが来るのはなかなかないので
落語好きな方はぜひ!
今、落語に興味がある若い人、だんだん増えて来ましたよね。

今週のねこや食堂の営業予定。
6月18日(月)~6月20日(水)は通常営業
朝7時から夜7時までです。

6月21日(木)は定休日です。

6月22日(金)からの週末は通常営業の予定です。

21日は夏至でございます。
みなさん、それぞれに夏至祭やりましょう。
縁台出して、外でビールとか、長い昼を楽しむわけです。
やっと来た夏だから、少々寒くても嬉しい! 
[PR]
by eniwasorati | 2012-06-18 07:52 | 大黒座情報 | Comments(6)

「山本五十六」見て来ました

今日は定休日でした。

午前中は忙しかった!
絵を描く頼まれ仕事があって、それをなんとか
仕上げて、頼んでくれた方のところへ持って行き、
そのまま定期通院。

病院はすぐに終わったので、
大黒座で映画を見る事ができました。
木曜日だけ朝10時の回があるのです。

ぱんぱかぱんで焼きたての胡桃入りベーグルを買って
食べながら見ました。
うまかった。

で、現在上映中の映画は
聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」です。
監督は「八日目の蝉」の成島出。

出演陣が豪華です。
役所さんは、茶目っ気と人情と豪胆さを兼ね備えた
山本五十六をよく演じています。

太平洋戦争開戦前、海軍はアメリカと開戦をしたら
負けると自覚していたにも関わらず、
戦争反対を維持できませんでした。

すでに陸軍は支那事変から日中戦争に戦線を発展させ、
日本国民も、不景気が好転する事を期待して
戦争に熱狂していた状況下。
海軍次官山本五十六は開戦に反対し続けていたのですが
いざ開戦が決まると、連合艦隊長官に指名され
真珠湾攻撃を指揮する事となります。

前半は、その過程が史実に基づいて淡々と
描かれていて、日中戦争→太平洋戦争という流れが
語られています。

アメリカとの戦争なんだけど、映画には
戦闘中でも米兵は出てきません。
山本長官が戦っていたのは、海軍軍令部と
国民をアジって戦争へと熱狂させる新聞(マスコミ)でした。

半藤一利氏の「昭和史」を読むと
当時の政府は短い期間に次々と首相を変え、
議会では重大な決定を先送りし、
起こって困る事は「起こらない」として、
国民に受け、支持される事案を優先して、
その場しのぎの政策を打ち出し続けたようです。

すごく、近年の日本の状況に似ている。

今までの戦争映画と違って
戦争初期の日本の民衆の妙な高揚とか余裕が
上手く表現されていて、なかなかいいです。
戦争=耐え忍ぶ国民の被害ってだけでなく、
踊らされ、突っ走って行った民衆の姿もあったわけで。

みんながいきなり国民服やモンペ姿でないのも
リアルでいい。

「山本五十六」上映は6月22日(金)までです。
ぜひご覧下さい。
そして、23日(土)からは
アカデミー賞総なめ、「アーティスト」ですよ!
[PR]
by eniwasorati | 2012-06-14 21:32 | 大黒座情報 | Comments(0)

浦河大黒座で「ヒミズ」を見て来ました

今日は、久しぶりの本格定休日と言う事で
月に一度の定期通院。
午前中イッパイかかるつもりで
早朝から出掛けたところ、病院が意外と空いていて
午前9時半で診療が終わりました。
ラッキー!

というわけで、ぽっかり空いた午前中を
これまた久しぶりに大黒座で映画を見て
過ごす事にしました。

現在上映中の映画は「ヒミズ
ギャグ漫画「行け!稲中卓球部」で人気を博した古谷実が、ギャグを封印して若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子。ともに15歳の2人の日常が、ある事件をきっかけに絶望と狂気に満ちたものへと変わっていく様子を描く。主演は「パンドラの匣」の染谷将太と、「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」の二階堂ふみ。2011年・第64回ベネチア国際映画祭では、染谷と二階堂がそろってマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。
(映画.comより)

「ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子」
ここ、全然違います。
もっと、最初からなんかすごい中学生です、二人とも。

今回、原作も監督の前作も、全然知らずに見に行って
すごくよかったと思います。
かなりいろいろストレートな衝撃もらいました。

怖い、けど、すごい。

少しロミオとジュリエットみたいかな、なんて思いましたけど
現代日本のロミオとジュリエットはかなり過激で過酷です。
常に死と紙一重。
でも、二人とも相当逞しい。
タダでは死なないみたいです。
二人ともすごくきれいな俳優さんでした。

なんか、こう、ガツンと来る世界でしたなあ。
映画レビューを見ると、監督の前作を
知っている人は点が辛いですが
(一般受け狙った映画作りやがって的な)
そんなの関係ねえ!って感じです。これはこれ。

大黒座さんから「ぜひ宣伝してください!」と言われました。
今回、苦戦中だそうです。
大黒座でぜひ映画「ヒミズ」見てください。
大黒座上映スケジュールはこちら

「ヒミズ」は5月25日(金)まで。
次回上映作品は
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」
5月26日(土) ~ 6月8日(金)
メリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞を取った作品です。

久しぶりに、大黒座のおばさんや
三上さんと話をして、楽しかった!
大黒座さんの猫、ものすごい可愛い!
ぱんぱかぱんさんにも寄った!
会いたい人に会えて、幸せです。
[PR]
by eniwasorati | 2012-05-17 18:12 | 大黒座情報 | Comments(0)

なかふホームシアターの「わっか祭」

今年の冬は本当に低気圧通過が多いですね!
岩見沢辺りではまた猛吹雪ですか。
も…もうちょっとで春ですから…
なんとか、がんばってください!

静内は、風はとても強かったですが
雪は降りませんでした。
b0059684_16144371.jpg

寒いけど、助かります。

夕方になって、やっと風が止んで来ましたよ。

さて、去年の秋に富良野の「なかふホームシアター」の代表の方が
浦河にいらした事があります。
来る2012年3月9(金)~11(日)に行われる「わっか祭」の
お知らせを、その時に教えてもらいました。

わっか祭では国内外のドキュメンタリー映画を三日間で7本上映。
最終日にはライブもあります。
会場の「ぬくもり庵」他、宿泊施設の案内もあります。

上映される映画は、こちら
ドキュメンタリー映画ですが、柔らかくステキな生き方を
描いた作品ばかりです。
浦河大黒座の映画「小さな町の小さな映画館」も上映されますよ。

また、代表の方が「森聞き」を勧めてくれました。
早春の富良野で、ゆったりといいドキュメンタリーを見るって
なんかうらやましい。

大黒座さん→大黒座サポーターズクラブさん経由で
ねこ食にも「わっか祭」ちらしを頂きました。
行ってみようかな、と思われる方は
ぜひ、ちらしゲットしてください。

そして。
「小さな町の小さな映画館」も
3月4月に全国のあちこちでたくさん上映されるようです。
オフィシャルサイトでお近くの上映をチェックしてください。
コナねこソラねこも登場します。
[PR]
by eniwasorati | 2012-02-21 16:34 | 大黒座情報 | Comments(0)

「やぎの冒険」見て来ました

今日22日は木曜定休です。

朝の内はお日様も出てたんですが、
午後からとうとうチラチラと雪が落ちて来ました。
これから大荒れの予想ですよね。
あんまりひどくならないといいなあ。

今日は、午前中にかかりつけの病院に
定期通院してきたんですが、予定していた検査が
来月だったので、午前の時間に余裕が。
そこで、浦河大黒座で映画を見ました。

「やぎの冒険」

那覇の都会っこヒロトが名護のおじいちゃんの家に
遊びに行きます。
そこでは叔父さんが小ヤギを2頭飼っていて
「ポチ」「シロ」と名づけてヒロトも可愛がります。

しかし、翌日ポチはヤギ鍋に!
その屠殺現場を見てヒロト大ショック。

さらにシロが売られる事に。
そこでアクシデントがあって、シロ大脱走。

都会っこのヒロトと土地の子供リュウヤの
考え方の違いとか、大人達の生活とか
さりげなく、でもきちんと伝わる映画でした。

なにより、こやぎの足萌えです。
可愛すぎる。

仲村颯悟監督は14歳、この作品で長編デビュー。
一度見ただけで、ちょっと忘れられない印象的な
画面が何箇所もあります。
面白い映画でした!

年末年始、大黒座でぜひ映画を見てください。
私も、来年はたくさん見ます。

いやあ、今年もねこ食の仕事をがんばった。
でも、映画も見る暇もないくらいがんばるって、
なんかおかしい気がして。

フクいぬも大人になった事だし、
犬育児からも解放されたので、
来年は、映画を見る余裕を持とうと思います。
「持ちたい」じゃなくて、「持つ」。

さて、明日23日(金)からの連休は
通常営業、朝7時からです。
チーズケーキホールも焼いています。
クリスマスにぜひぜひ。
[PR]
by eniwasorati | 2011-12-22 16:59 | 大黒座情報 | Comments(0)

やちむん沖縄ライブ、楽しかったです

おはようございます。
12月18日(日)ねこや食堂は営業中です。
国道に雪はありません。乾燥路面(一部凍結)です。
雪がないって、本当にありがたい。

昨日は午後5時に閉店しまして
浦河大黒座で短編映画「忘却の楽園」と
原田史也&やちむん奈須重樹ライブを
見て来ました。

「忘却の楽園」は沖縄出身の岸本司監督が
沖縄の俳優さんスタッフさんと沖縄を舞台に撮った
ギャング映画でしたよ。
ハードボイルドなんだけど、所どころに沖縄っぽい
ゆる~いギャグが入って「ここ、笑うとこ?」と
道民は戸惑いました。
面白かった(笑)

その映画の中の、ヤクザの幹部で出演していたのが
やちむん(ユニット名)奈須重樹さんです。

地元の歯医者さん原田史也さんの正統八重山民謡のあと
奈須さん登場。
こちらはアコースティックギターで、民謡ではなく
オリジナル楽曲ですが、これが楽しい曲ばかりで。

「がんばれイボやーるー(やもり)」
「ハブに噛まれた猫みたい」
「(沖縄)そばとロックの日々」
「ふるさとの思いセマル(迫る)ハコガメ」

と、曲のタイトルがそのまんまで!
アップテンポの曲は、途中で
「バババーン!」「シュワー!」「ピルルル!」と
効果音が入ります。
そして、キメのポーズ。
私と母ヒロコは例によって
一番前のかぶりつきで聞いていたのですが、
迫力満点でした。

そして、生のギターと歌は聞くとやっぱり
元気でるねえ。
原田先生の民謡もよかった。
1年のライブ締めくくりになりました。
[PR]
by eniwasorati | 2011-12-18 15:22 | 大黒座情報 | Comments(2)

12月17日、大黒座で沖縄ライブ

昨日今日となかなか忙しくて
パソコンを開く時間もままなりません。
でも、この冬場に忙しいのはありがたいのです。

この記事も、途中まで書いては
用事が出来て消したり
うっかり別のページを開いちゃったりで
なかなかUPできず、3回も書き直しています。

で、何を伝えたいかというと

12月17日(土曜日)に浦河 大黒座で沖縄ライブがあります。
前売り 1500円 (当日1700円)

18時30分より 映画「忘却の楽園」(岸本 司 監督)上映

19時20分より 沖縄ライブ(原田史也  やちむん 奈良重樹)

「やちむん」は奈良重樹さんのソロユニットだそうです。
リンクが上手く貼れないので、リンク先のURLを。
http://event.uruma.jp/artist/3362/

映画「忘却の楽園」は短編です。
岸本監督が沖縄出身なんですね。
【ストーリー】
ヨシヤはチンピラ。 組仲間の陰謀にはめられかけ逃走するが、その中に幼馴染の天願もいたことに愕然とする。
だが、その天願も命を狙われ、二人は共に逃げることに。
一方、ヤクザの愛人・ナツオは男を殺し大金を奪う。 車で逃走中、道に飛び出してきた天願をハネてしまう。
3人の逃走劇の結末は・・・

というお話です。
短編映画を見るのは久しぶりなので、楽しみ。

なお、大黒座16日まで上映中の作品は
「JAZZ爺MEN」
まちおこしでジャズバンドを結成した商店街のみなさん。
果たして無事にコンサートを開く事が出来るのか。
爺パワー炸裂するのか。
監督さんが大黒座に来るという話を聞きましたが、
詳細わからず。

17日からの大黒座の通常上映は
やはり沖縄が舞台の映画「やぎの冒険」
(通常は10時 13時30分 19時上映。
17日のみ19時の上映はありません)
この映画、なんと、監督13歳ですってよ!
ヤギ鍋になる運命の小ヤギが逃げ出した。
その小ヤギを可愛がっていた小学6年生の少年は
どうするのか。…というお話。
 
ねこや食堂、今週の予定。
12月12日(月)~14日(水)は通常営業。

12月15日(木)は定休日です。

12月16日(金)は通常営業。

12月17日(土)午後5時で閉店です。
今年は見たい映画もライブも全然行けなかったので、
一年の締めくくりには、映画とライブを一度に楽しむつもりです。

12月18日(日)からはまた通常営業です。
[PR]
by eniwasorati | 2011-12-12 21:38 | 大黒座情報 | Comments(0)