カテゴリ:大黒座情報( 81 )

ももクロが浦河大黒座に来ます!!

8月9日(日)
今朝の大ニュースです。

浦河大黒座で現在上映中の映画「幕が上がる」で
主演を張っているももいろクローバーZのメンバー
8月9日、浦河大黒座に
百田夏菜子さんと高城れにさんのお二人来ます!!!
①朝10時の回の上映後、②昼1時半の回の上映前の2回にわたり、舞台挨拶。

ももクロ…来ます…
大黒座48席、補助席出しても70席。
たぶん、中に入れないくらいの大変な騒ぎになると思います。
道路にあふれないように皆さん気をつけて!

ももクロクラスタの皆さん

浦河大黒座は48席。

補助席もあり。

駐車場はないので、近くの浦河総合文化会館の駐車場などをご利用されますように。

JRは現在運休中。(代行バスが出ています)時間かかります。

札幌からの高速バスが便利。

(道南バスペガサス号、札幌駅ターミナル発着)

大黒座前すぐ一般道です。

あふれないように気をつけて下さい!

b0059684_22575116.jpg

[PR]
by eniwasorati | 2015-08-09 08:15 | 大黒座情報 | Comments(0)

「幕が上がる」大黒座で見て来ました!

8月6日(木)
今日も暑かった~
昨日よりも涼しくなる予定だったのに、
十分暑かったです。
新ひだか町の最高気温は27度でしたが
体感気温はもっとありました。風がなかった。

今日は木曜定休ということで、久しぶりに
浦河大黒座で映画を見ました。
b0059684_22575116.jpg
「幕が上がる」
この公式ページを開くと、予告編の動画が出ますが
この予告編、映画本編のよさを消しています。
こういうドタバタした映画ではないのです。
もっともっと、本編はいいです。
高校生たちも指導する大人も真剣です。
誰だ、この予告作ったやつ。

原作者平田オリザさんは日本有数の劇作家で
日本全国で演劇ワークショップを開催し
演劇の場が、日本から消えないように日々尽力されています。
(想田和弘監督作品 演劇1、演劇2ドキュメンタリー作品に詳しく描かれています)

映画の中で、演劇部に女子しかいないので
あれ、この高校は女子高だったっけ?と思ったんですが
共学でした。
なるほど、最近の文科系部活動は女子ばっかりで
男子の姿が見えず、文系男子はいったいどこで何をしているんだろう、と
私は常々思っていたので、平田オリザさんもそこを
突いているのかな、と思ったら
原作にはちゃんと男子の先輩も後輩も出てくるので
部員が女子ばっかりなのは映画的な事情だったらしいです。

それはともかく。
映画はとても面白かった!

主演はももいろクローバーZというアイドル5人ですが
どの子がどの色担当かまったくわからずに見ました。

正直、アイドル的に笑っていない表情の彼女らを見るのは
初めてだったのですが、とてもいい女優さんたちでした。
高校の部活もの、最近はマンガもスポーツだけでなく
文科系のいろんな部活(書道とかカルタとか)が取り上げられていて、
それぞれにみんながんばってますよね。
人間の肉体のピークは高校三年間の年代だと思います。
その時期にほかの事を一切考えずに一つのことに精進できる
何かに出会えたなら、それはジャンルを問わずとても幸運なことだと
思います。

浦河大黒座さんで現在上映中の「幕が上がる」
ももくろファンの人もたくさん遠くから足を運んで下さっているそうです。
今日、私が見たときは青年がもう一人いただけでしたが
彼が映画館を出るとき「面白かったですね!」とつい声をかけてしまいました(笑)
大黒座さんでは、「幕が上がる」上映中はリピーター割引があって
半券をもって次回来ると料金1500円が1000円になりますよ!
ぜひ、何度でも見てください。

<上映情報>
(大黒座チャレンジさんの記事からコピーです)
映画『幕が上がる』は、明日から上映が始まります。
(7/25~8/13|①朝10時|②昼1時半|③夜7時)
http://www.makuga-agaru.jp/
♪映画『深夜食堂』は引き続きロングラン上映中です。
(~8/13|夕方4時の回のみ)
(8/17~28|①朝10時|②昼1時半|③夜7時)
http://www.meshiya-movie.com/
大黒座さんは8月14日、15日、16日はお盆休みですので
お気をつけ下さい。
この後は、海外映画が続きます。

<今後の上映予定>
♪『セッション
(8/17~28|夕方4時の回のみ)
(8/29~9/11|①朝10時|②昼1時半|③夜7時)
http://session.gaga.ne.jp/
♪『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
(8/29~9/11|夕方4時の回のみ)
(9/12~18|①朝10時|②昼1時半|③夜7時)
http://imitationgame.gaga.ne.jp/
今人気のベネディクト・カンバーバッチ主演ですよ!
絶対みたい!

映画の後、これもまた久しぶりに
ぱんぱかぱんさんに寄ってパンを買いました~
うれしい~!
b0059684_22580107.jpg
ハード系のパンやアンパンやバターパンや
なんかもう、脈略なく買ってしまった。
おいしい。
ぱんぱかぱんさんのイートインコーナーの窓からの
海の風景です。
b0059684_22581243.jpg
いやー、映画見て、ぱんぱかぱんさんのパン食べて
リフレッシュしました。

明日からの週末、そしてお盆は休まず営業します。
うどんがなくなり次第の閉店となります。
電話0146-44-8030までお問い合わせください。
(閉店後は電話に出ない場合があります)



[PR]
by eniwasorati | 2015-08-06 23:02 | 大黒座情報 | Comments(0)

大黒座で「旅する映写機」を見てきました

5月23日(土)
今日は朝からとてもいい天気で、気温も高かった。
窓も玄関も開けっ放しにしてちょうどいい
暖かさでした。

それにしても毎日の気温差が激しいですね。
海はずっと荒れています。

今日は午後3時で早め閉店させて頂きました。
もしご来店されたお客様には申し訳ありません!

浦河大黒座にてドキュメンタリー映画
「旅する映写機」道内初日、監督挨拶が行われました。
b0059684_22292441.jpg
明日24日は札幌サンピアザ劇場で上映会がありますよ!

b0059684_22393844.jpg
「旅する映写機」は、森田監督が「小さな町の小さな映画館」で
浦河大黒座を取材した際に、三上館主夫妻と映写機との関わりを
知ったのがきっかけでした。
かつて札幌の映画館で使われていた1955年製の映写機を
三上さんが入手したというエピソード。

デジタル化に押されて消えていくフィルム映写機を
映像保存したい、という気持ちから制作を始めたのだそうですが、
実際に取材を始めたら、映画を上映しようとする映画館主や
映画館スタッフたちの熱意に興味を引かれたとのこと。

町に映画館を残したい、復活させたい、映画を上映したい、という
人々の気持ちに触れると、ああ映画っていいなあ、と
しみじみ思います。
映画館(シネコンじゃなくて)で見る映画。
特別なんですよね。

上映後の監督と三上館主のトークの際に
「スクリーンに下りる幕が、映画館にはある。これがいいんですよ」
なんていう話題が出ました。シネコンはスクリーンが裸ですもんね。
シネコンが営利を追求し無駄の一切をはぶいていますが
その無駄な部分にこそ豊かさがあるはずなのに…というお話でした。

大黒座の看板猫ちーたん
(大黒座にいますが、大黒座さんのねこではないという複雑さ)
b0059684_22302897.jpg
午後7時から「おみおくりの作法」上映がありまして
その後にまた大黒座ロビーにて監督を囲んでの懇親会が
あるとのことでしたが、私は「旅する映写機」を見てから
帰ってきました。残念。

午後6時半、浦河大黒座から歩いて30秒で夕焼けの浦河港です。
b0059684_22304165.jpg
森田監督にも久しぶりに会えて、浦河の懐かしい人たちにも
一度に会えて、よかったです。

明日は通常営業の予定です。
お天気はもちますね。



[PR]
by eniwasorati | 2015-05-23 22:40 | 大黒座情報 | Comments(2)

キネ旬ベストテン作品を大黒座で。

1月17日(金)
昨日の満月が冴え冴えとして、とてもきれいでした。
その分、また冷えまして!
今朝も寒かった。

それでも。
お昼頃には気温も上がって、
とても温かかったですよ。
雪もないし、助かるわ~

さて。
映画専門誌の老舗キネマ旬報という雑誌がありまして
毎年ベストテンを発表しています。
今年の邦画のベストテンはこちらでした。


1位 ペコロスの母に会いに行く

2位 松田龍平と石井裕也。本年度ベスト・テン個人賞受賞陣が揃い踏み 舟を編む

3位 ベストセラーのノンフィクション小説を基にした社会派サスペンス 凶悪

4位 高畑勲が14年ぶりにメガホンをとり、『竹取物語』を映画化 かぐや姫の物語

5位 田中慎弥による芥川賞受賞の問題作を青山真治が映画化 共喰い

6位 ハリウッドリメイク決定! 「家族とは何か」を問う人間ドラマ そして父になる

7位 引退を表明した日本アニメ界の巨匠・宮崎駿、最後の監督作 風立ちぬ

8位 本年度のベスト・テン主演女優賞受賞の真木よう子が主役を好演 さよなら渓谷

9位 『苦役列車』の山下敦弘×前田敦子コンビで贈る青春ドラマ もらとりあむタマ子

10位 記憶障害に侵された楽器奏者の復活までの道程を3Dで観せる異色作
    フラッシュバックメモリーズ 3D

次点 フィギュアなあなた

このうちですね、浦河大黒座ですでに上映されている映画は
「ペコロスの母に会いに行く」
「舟を編む」
「そして父になる」

これから大黒座で上映される映画は
2/15~2/28「共食い」
3/15~3/28「もらとりあむタマ子」

大黒座でいい映画を見る。
なかなか贅沢っすよ。
ちなみに、これからの映画スケジュールは

1/18~1/31 「許されざるもの」

2/1~2/14 「31年目の夫婦げんか」

2/15~2/28 「共食い」

2/28、3/1、3/2(決定) 1/25(予定)夕方4時上映 
 「祈り ~サムシンググレートとの対話~」

3/1~3/14 「利休にたずねよ」

3/15~3/28 「もらとりあむタマ子」

映写機がデジタル化されたせいか、
前からドルビーサウンドだった音響が以前よりも
もっとすごくなりました!
迫力あります。
「31年目の夫婦げんか」はメリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズが
共演しているハリウッド映画なんですが、これの予告編が
音と映像がすごくクリアでびっくりです。
ぜひお試しください。

ねこや食堂はこの土日も通常営業です。
とろろいもうどん、継続中!
ねこや定食、フク定食も順調に出ています。
[PR]
by eniwasorati | 2014-01-17 22:40 | 大黒座情報 | Comments(6)

本日、大黒座まつりです!

11月16日(土)
昨日の暴風雨とはまた打って変わって
いい天気になりました。

今日は龍汰呼さんも移動しました。
今度は十勝方面に向かうようです。
冬になってまた来るかも知れないですよ。

みな〇水産さん、ししゃもたくさん入荷しています!
1串900円ですが、お値段以上の価値がありますよ。
美味い!
今日はホッキ貝も入りました。
ねこや食堂のみな〇日替わり定食も
今日からホッキ貝フライ定食(手打ちうどん付) 1000円
始めてます。
b0059684_1514599.jpg

ホッキ貝フライ定食、新しい写真まだ撮ってないので
あとでまた撮りますね。
活ホッキを贅沢にフライにしています。
めちゃうまいです。

今日16日(土)は
浦河大黒座まつりです。
午後5時半くらいから始まります。

ねこや食堂は本日午後4時半で閉店します。
大黒座まつりにはちょっとゆっくり行きますね。
食べ物横丁で、アッシュさんとぱんぱかぱんの出店もありますよ。
入場料は1600円(当日)で、
これから大黒座にて上映される
「ペコリスの親に会いに行く」の映画券も含まれていて
大変お得です。

今日、これからでもぜひ。
「世界で一番売れないミュージシャン KAZUYA」さんの
ライブもありますよ!
[PR]
by eniwasorati | 2013-11-16 15:19 | 大黒座情報 | Comments(0)

大黒座で「X年後」「世界一売れないミュージシャン」見てきました

先週の木曜日9月17日に久しぶりに
浦河大黒座で映画を見てきました。

「X年後」

これは、南海放送が制作したドキュメンタリーの力作でした。
b0059684_21354188.jpg

ポスターが結構衝撃的ですが、
映画を見ると、ああ、なるほど、と思います。
マグロは、人々と共に放射能を浴びたのでした。
以下は、公式サイトからの引用。

1954年アメリカが行ったビキニ水爆実験。
当時、多くの日本の漁船が同じ海で操業していた。
にもかかわらず、第五福龍丸以外の「被ばく」は、人々の記憶、
そして歴史からもなぜか消し去られていった。
闇に葬られようとしていたその重大事件に光をあてたのは、高知県の港町で
地道な調査を続けた教師や高校生たちだった。
その足跡を丹念にたどったあるローカル局のTVマンの8年にわたる長期取材のなかで、
次々に明らかになっていく船員たちの衝撃的なその後…。
そして、ついにたどり着いた、 "機密文書"
…そこには、日本にも及んだ深刻な汚染の記録があった―

引用おわり。

第五福竜丸は「水爆マグロ事件」として有名ですが
全体で90艘以上の南洋マグロ船、そのほかにも
定期航路の貨物船がいました。
日本の船だけでこんなにいたんだから、他の国の船を
合わせたら、いったいどれだけの船が放射線を浴びたのか。

それだけではありません。
1954年から数年続いた水爆実験による放射能は
アメリカによって測定されていました。
日本全体を大きく覆う放射能のデータが残っています。

国は真実を明らかにせず、
明らかにしようとした人の声は届かず、
被害に合われた本人や家族は風評被害を恐れて
口をつぐんでしまう。

1954年に起こったことが、今また繰り返されて
いるような気がしてなりません。
ドキュメンタリー映画祭で上映参加をしようとしたら
「昔の話だから」と断られたことがあるそうです。
今の話だよ。
9/21~9/27は4時から1回のみ上映です。

さて、レイトショーで続けてもう1本見ました。
「KAZUYA 世界一売れないミュージシャン」
b0059684_21405038.jpg

タイトルだけ見たら、すごくヘタながらミュージシャンに憧れてるおじさんが
一生懸命がんばる話かと思ってました。
全然ちがうの!

KAZUYAさんは、楽曲もいいし、ハスキーな歌声もいい。
そもそも、札幌のインディーズで大人気だったPHOOLの
ボーカルで、メジャーデビューも目前だったのだそうです。
それが、何故かそうはならず、バンドは解散し
KAZUYAさんは今も歌を歌っています。

いや、やっぱりプロとして仕事としての音楽なら
「おれ、そういうのダメだから」は
ないと思うよ。
そこでがんばらないのがKAZUYAなのさ。

楽曲がすごく聞き易い、楽しいドキュメンタリーでした。
おすすめです。

『世界一売れないミュージシャン』
※9/21~9/27 ①10時 ②13時30分 ③19時

◎9/24(火) 夜7:00~ 田村紘三監督の上映前トークがあります!!

●大黒座 北海道浦河郡浦河町大通2-18  TEL:0146-22-2149
[PR]
by eniwasorati | 2013-09-23 21:25 | 大黒座情報 | Comments(4)

「ハーブ&ドロシー」大黒座で無料上映会

おはようございます。
3月23日(土)
今朝は天気がいいのに、風は真冬並みに冷たい
静内でございます。
朝の静内河川敷散歩、もう春っぽい格好でも
いいのかな、なんて思ってもですね、
真冬と同じ装備で行かないと、寒くて歩けません。
厚手の手袋と厚手のベンチウォーマー。

この土日も、ねこや食堂は通常営業です。

今日と明日の午後4時から
浦河大黒座で無料上映会です。
「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」
詳細は、前回の記事をご覧下さい。
こちら
b0059684_735826.jpg

札幌出身の佐々木めぐみ監督が手がけたドキュメンタリー映画で、
6月には続編「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物」が
大黒座でも上映されます。
その先駆けとして、前作を無料上映会しているのだそうです。

映画をご覧になったご常連さんは
「ドキュメンタリーなのに、すごく面白かった!」と
おっしゃってました。
ニューヨークの小さなアパートに住む老夫婦が
なんで「アートの森の小さな巨人」と呼ばれるのか。

例によって、私はまた見に行けないのが悔しい~
皆さん、いける方はぜひ見に行って、
私にその様子を教えてください!

また、通常上映として
でもこれも自主上映会(有料)なのですが
「さぁ のはらへいこう」も上映中です。
3月16日から29日(金)まで。
b0059684_7365175.jpg

以前の記事を参照ください。
こちら

こっちはまだ時間があるから、見に行きたいなあ!
[PR]
by eniwasorati | 2013-03-23 07:39 | 大黒座情報 | Comments(0)

「ハーブ&ドロシー」大黒座で無料上映会

3月17日(日)昼間はとても天気がよかったです!
風は冷たかったけど、地面はどんどん溶けています。

朝の静内川散歩も出発時間を少しずつ早めています。
5時半にはもう明るいです。
正面から白鳥が飛んできました。
b0059684_17341489.jpg

私とフクの頭上を越えて、去っていく白鳥たち
b0059684_18863.jpg

もうちょっとで本当の春が来る。
朝はまだまだ冬っぽい気温です。

浦河大黒座で無料上映会があります。
「ハーブ&ドロシー アート界の小さな巨人」
3月23日(土) および 24日(日)
両日とも、午後4時から上映開始
定員は、各回とも48席まで

ハーブ&ドロシーとは。

2月3日の記事で札幌の無料上映会についての
お知らせの中に、詳細を書きました。
こちら
映画の内容は、ニューヨーク在住の郵便局員と図書館司書の
夫妻が30年間こつこつと買い集めてきた現代美術絵画が
今となっては膨大かつ貴重なコレクションとなっていた、という
ドキュメンタリー映画です。

続編「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物」の公開に先駆けて
前作を無料で上映しよう、というなかなか面白い催しです。
それだけ面白い、絶対見てもらいたい、という
実行委員会さんたちの熱意を感じますね。

続編「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物」も
大黒座で
6月8日からの上映が決まっているそうです。
ぜひこの機会に、前作「アートの森の小さな巨人」を
ご覧になって、続編を楽しみにお待ちください。

3月16日(土)~29日(金)は
「さぁ のはらへいこう」の自主上映会も
行われています。
詳細はこちら

浦河に、いや、日高に
大黒座があってよかったなあ、と映画の紹介をするたびに
しみじみ思います。
なかなか見に行けないのが悔しい。
[PR]
by eniwasorati | 2013-03-17 18:19 | 大黒座情報 | Comments(0)

「さぁ のはらへいこう」自主上映のお知らせ

2月28日(木)2月最後の日。
早い、早い!
今年も1年の過ぎ去るスピードが速すぎる!
でも、春になるスピードは超特急でお願いします。

今日は定休日です。
フクとクロちゃん、イヌ2匹体制になってから
早くも2週間過ぎまして、
私もヘロヘロ。
ちょっとここらで一息つかないと。
明日からは通常営業の予定です。

今日は、浦河大黒座で行われる自主上映
「さぁ のはらへいこう」の実行委員会さんからのお知らせです。
ブログはこちら
さぁ のはらへいこう  
  青空自主保育の三年間
b0059684_14113473.jpg

制作・配給:記録社 監督:桐野直子 2011年/HDV/カラー/116分 
助成 文化芸術振興費補助金

期間: 2013年3月16日(土)〜3月29日(金)
朝10時〜 昼1時30分〜 夜7時〜

場所: 大黒座(浦河町大通2-18)

料金: 前売り券 1,000円 (当日券 1,300円) 高校生以下500円 幼児無料

チケット取り扱い所(ねこ食にはありません)

大黒座      浦河町大通2-18 ℡0146ー22ー2149
CO・CO・A    浦河町西幌別253-1
浦河町立図書館   浦河町大通3−52(月曜休館)
ぱんぱかぱん    浦河町堺町東1ー1ー1(日・月曜休み)
カフェアッシュ   浦河町東町(木・金・土曜休み)
新ひだか町公民館        新ひだか町静内古川町1−1−2
オープンコミュニティみんくる  新ひだか町静内こうせい町2−8−27
様似中央公民館2階事務室    様似町大通1−2

また、ファミリー上映会も行われます。
少々騒いでも、出歩いても大丈夫。
ぜひこの機会をご利用ください。
この日は託児室も設けます。

日時 3月16日(土)
1回目 午前10時  (開場9時30分)
2回目 午後1時30分(開場1時)

場所 浦河町総合文化会館地下1階ミニシアター

前売り券 1,000円
(事前に券を購入してくださいますようお願いいたします)

以上、実行委員会さんのブログからの抜粋でした。



先日大黒座で映画を見たときに、
「さぁ のはらへいこう」の予告編も見ました。
山の中で子供たちが自由に活動していて、
大人もいるんだけど、子供の世界には介入せずに
見守っています。
これ、なかなか出来ないな~、すごい。

大人が見ても面白い!と思いますが、
これ、たぶん、子供さんが見て
「なるほど、こういうやり方もあるか!」と
びっくりすると思いますよ。

子供たち自身、保育所や幼稚園で迷いと混乱の日々を
送っているわけですから、大人の力を借りずに
自分たちで物事を解決しているヤツラがいる、って
知ることは大事だなと思います。
私も子供の頃(40数年前)に知りたかったな~。
[PR]
by eniwasorati | 2013-02-28 14:30 | 大黒座情報 | Comments(2)

「おおかみこどもの雨と雪」見てきました

2月7日(木)久しぶりに定休日でした。

朝早くに、定期通院(これも久しぶり)で
薬が切れてるのに顔を出さないことを
先生に叱られるかとビクビクして行ったら
大丈夫でした~

一安心して、半年に一度の検査もサクッと終わり
浦河大黒座で映画を見ることにしました。
大黒座は13時と19時の回がありますが、
木曜日だけ、午前10時の回もあるのです。

去年の6月に「山本五十六」を見に行って以来。
いい映画、見逃してて悔しかった~

「おおかみこどもの雨と雪」は
「サマーウォーズ」細田守監督のアニメです。
描写がとてもリアル。
でも、非現実。
だから、「そんなわけないだろ」「それどうなってんの」という
ツッコミもありますが、それもこれも全部含めて
いい映画だと思いますよ。

おおかみこどもの雨くんと雪ちゃんが
まだ幼い時に室内めちゃめちゃにじて暴れまわる様子は
フクいぬが子犬だったときと同じ景色で...
懐かしかったです(笑)

ヒロイン花さんが一人で2児を育てるわけですが、
夜泣きとか近所の苦情とか病気とか
いろいろ大変な様子がまたリアルで。
おおかみこどもでなくて、にんげんこどもでも
大変だよなあ。
それにしても、花ちゃんどんだけ貯金もってんだ。

大黒座の上映スケジュールは以下のとおり

2月 2日(土)~2月16日(金) おおかみこどもの雨と雪

2月17日(土)~3月 1日(金) 最強の二人

3月 2日(土)~3月15日(金) 希望の国

3月16日(土)~3月29日(金) さぁ のはらへいこう

そして4月のラインナップは邦画が豪華です。
「北のカナリアたち」「夢売るふたり」
「霧島、部活やめるってよ」
「のぼうの城」

先日お知らせした「ハーブ&ドロシー」無料上映会もあります!
3月23日・24日 夕方4時から1回上映。

次回上映の「最強の二人」もすごく面白そうでした。
フランス映画は、体が不自由な人の心の自由を描くのが
とても上手い。
面白い映画がいろいろあります。
「最強の二人」は笑えて泣ける、男の映画ですね!
絶対見たい。

大黒座で映画を見れるしあわせ。
浦河の人は、本当にしあわせモンですよ。
[PR]
by eniwasorati | 2013-02-07 22:46 | 大黒座情報 | Comments(4)