2017年 10月 30日 ( 1 )

池のフナの水揚げをしました

10月30日(月)
季節はずれの台風は本州以南にまたまた被害をもたらして
北海道に接近してからは爆弾低気圧となりました。
でも静内は、雨はすごかったですが風はそれほどでもなくて
今回も被害は少なく済みました。
ありがたい。

今日はねこや食堂を臨時休業とさせて頂きました。
もうしわけありません。
浦河の実家の池にいるフナたちを越冬させるために
水揚げをしました。
台風が過ぎ去ってからは気温がぐっと下がるとのことで
池が凍ってしまってはフナたちが死んでしまう。
ぎりぎりでしたが間に合いました。

これは池に水がある時の写真。1週間前です。
赤い魚が見えますね。

b0059684_20174516.jpg
カラスよけのために母がテグスを張っております。
池の上にみえるグリット線がテグス。
b0059684_20180979.jpg
さて、今朝から母がポンプで池の水を抜きまして、
いよいよ魚たちを水から揚げます。
泥がたまった池に母と妹が入って、手作業で魚を拾い集めています。
b0059684_20182805.jpg
b0059684_20185391.jpg
フナたちもあせって、ハスの葉の下に隠れたりして
なかなか捕まえられないのですが、今年うまれたチビッ子も含めて
なんとか全部回収しました。

天然記念物のニホンザリガニもたくさん住んでいます。
山から引いている沢水と一緒に入ってくるらしい。
卵から孵った子フナを食べてしまうのでよくないですが
これらも貴重な生物です。
あと、カエルたちも住んでいます。
b0059684_20190684.jpg
さて、小一時間かかってフナを引き揚げました。
次は使った道具を川で洗う作業です。
台風(爆弾低気圧)通過のため、川は水量があって
洗い物にちょうどよかったです。
b0059684_20192242.jpg
ポンプも洗います。
b0059684_20194195.jpg
ポンプのホースも中に水を通して、泥を洗い流して
しまいます。
b0059684_20200050.jpg
池から揚げたフナたちは玄関内に浴槽を設置して
酸素とフィルターをつけて越冬します。
手前にいる一番大きいのはたぶん、初代からずっと生きている
20cmクラスの大物です。もう15年くらいになるのかな。
そのほかはこの池で生まれて何年か育っているのやら、今年生まれたのやら。
b0059684_20203446.jpg
これは全部フナなのですが、もともと赤かったのが
代を重ねるごとに先祖がえりして黒くなったのもいます。
錦鯉みたいな模様のもいます。
ご近所さんの金魚も1匹混じっています。
その金魚とフナがかけ合わさって尻尾がふわっとしたフナも生まれました。

年々池のメンテナンスも大変になってきて
フナたちもいつまでこの池で養っていけるかわかりません。
もし引き取りたい方がおられましたらご連絡ください。
1匹とか少ない数でも大丈夫ですが、
浦河の家まで取りに来て頂けるとありがたいです。

11月もすぐですね。
ねこや食堂は11月1日が開店13周年。
早いものです。
今年も開店記念ぬりえを皆様にプレゼントいたしますが、
実はまだ下絵も描けておりません。
11月中にはなんとか完成してプレゼントしたいと思っております。
出来次第またご連絡いたします。
お待ちくださいませ。

頂いた紅玉で作るりんごのクラフティも
試作は出来ましてこれから盛り付けとかメニュー表を作りますが
これもなかなか出来ませんね~
がんばらないと。
真っ赤なりんごが紅玉。黄色っぽいのはりんごパフェなどに使っているフジです。
b0059684_20210195.jpg
クラフティ、美味しいので早くメニューに載せたいです。
b0059684_20212594.jpg
写真は、台風が来る前の静内の浜。
散歩フク。
b0059684_20221879.jpg
b0059684_20481774.jpg
夕暮れは午後3時半ころになってきました。
4時過ぎには日没。
b0059684_20231355.jpg
11月ですもんね。
早いな~

[PR]
by eniwasorati | 2017-10-30 20:49 | ねこや日記 | Comments(0)