ごぼううどん

今日は夜からぐっと冷えてきましたよ。
風がすごかったですが、ちょっと落ち着いたかな。

ごぼううどんはすっかり通年の定番メニューとなりました。
このうどんを仕込むのは普通のうどんより一手間かかるのです。
ごぼうをまず機械で摩り下ろし、それを搾ります。

うどんの粉と塩と水の分量は普通のうどんと変らない比率なのですが
ごぼうの絞り汁を加えて、同じ水の量にしているのです。
ごぼうが多ければごぼうの絞り汁だけで打ちますが、これが実は
摩り下ろしてみないとどれだけ汁が取れるかわからない。
毎回同じ量のごぼうを用意しても微妙に違います。
お客様からレシピを教えて頂いた時にはまさか定番メニューになるとは
思いませんでしたが、今や欠かせないですよね。

今日はごぼううどんではなくて、鍋焼きうどんがたくさん売れました。
やはり寒くなるとそうなんだなあ。
鍋焼きにいれるかき揚げも多目に揚げておこう。
他の天ぷらはオーダーが入ったらその都度揚げますが、
鍋焼きのかき揚げはまとめて揚げて仕込みます。

さて、明日も寒いようですがぜひごぼううどんをお試し下さい。
あったまりますよ。
[PR]
by eniwasorati | 2008-12-06 22:25 | 定番のメニュー | Comments(2)
Commented by くうくう at 2008-12-07 00:03 x
ご苦労様です。
食するほうは食べるだけですからね・・・残さず頂きます。
いつの日か、コナ部長を愛でながら、おいしく頂きたいものです。
なかなか再訪できなくて残念。
お金があれば時間が無く、時間があればお金が無いw
Commented by eniwasorati at 2008-12-07 22:12
くうくうさん、ありがとうございます。
ごぼううどん、初めて食べる方はだいたい驚きの反応を示します。
ごぼう天が乗ってるようなイメージですよね。メニューには「すり下した
ごぼうの汁で打ちました」と書いてありますが、本物を口にして初めて
「なるほど!」と言う感じみたいです。もうすっかり定番メニューとなりましたので
機会があったらぜひまたおいで下さいね。


<< クリスマスの注意書き 札幌クリスマス市 >>