六ヶ所村ラプソディー

久しぶりに浦河大黒座情報です。

5月24日金曜日から上映中「明日への遺言」は6月6日(金曜日)まで。
太平洋戦争終結後にGHQによるBC級戦犯裁判で、岡田資(たすく)中将の
法廷での姿勢を丁寧に描いた力作です。
主演は藤田まこと、監督は「雨あがる」の小泉堯史。
無差別爆撃を行い撃墜、捕虜となった米軍兵士を処刑したとして戦犯の罪に
問われる岡田中将ですが、法廷で「無差別爆撃こそ犯罪である」「作戦の全責任は
部下ではなく自分にある」この二点を持って命がけで戦う姿を静謐に語る映画です。
戦争における犯罪性。難しいですね。
私はまだ見に行っていないのですが、この映画は見逃したくないです。

6月7日(土曜日)から6月20日(金曜日)までは「人のセックスを笑うな」
永作博美、松山ケンイチ主演です。映画レビューを見たら、固定カメラの
映像手法がすごいインパクトだと書いてありました。ラブロマンス物ですが
ラブコメディではないらしい。清冽な映像をお楽しみ下さい。

6月7・8・14・15日の10時の回には
アニメ「ワンピース 冬に咲く奇跡の桜」が上映されます。
原作は少年ジャンプの元気な少年海賊マンガですが
キャラクターに思いいれがあれば、なんか泣けるらしいです。

そして、6月21日(土曜日)から6月27日(金曜日)まで
「六ヶ所村ラプソディー」が上映されます。
核燃再処理工場が2006年3月から試運転始めてるって
知ってました?私は知らなかった。
ここからだと青森六ヶ所村はほぼ対岸にあるのにね。

この上映には「六ヶ所村ラプソディー 大黒座上映を応援する会」が
活動してポスターやちらしで皆さんにお知らせし、活動しています。
23日~24日の10時と13時30分の回には託児所も用意していますので
小さいお子様をお持ちのお母さんもぜひ見に行ってください。
詳しくは0146-22-4595(ぱんぱかぱん)へお問い合わせください。
期間限定特設ブログもあります。

どの映画も1日3回(10時 13時30分 19時)の上映です。
詳しくは大黒座さん0146-22-2149へお問い合わせください。
大黒座サポーターズクラブも出来ました!大黒座を応援する会です。
ああ、私まだ入会してないんです~すみません。
[PR]
by eniwasorati | 2008-05-27 18:29 | 大黒座情報 | Comments(2)
Commented by オリーブ&ポパイ at 2008-05-27 20:56 x
「明日への遺言」10時の開始に間に合うように出かけてきましたよ。
良かったですよ。開始直後の戦火は昔のニュース写真かしら?
もうその時点より涙・・・広島での原爆投下により、被爆した親類縁者もおりますオリーブです。
Commented by eniwasorati at 2008-05-28 06:32
オリーブ&ポパイさん、「明日への遺言」見られましたか!
映画レビューを見ると、淡々と当時の事を語る雰囲気が
心に迫る、とありました。敗戦から63年、だんだん記憶も
薄れていく中、こうして当時の物語を映像に残すのは大事ですよね。
それがいいとか悪いとかでなく、人が生きた証として。


<< 牛歩戦術 ありがとうございます! >>