薪積み終了

シルバー人材センターのおじさん達がお隣から頂いた丸太をチェンソーで
切っては斧で割って、あとは焚くばかりの薪にしてくれました。
しかしそれで作業は終わりません。
切った薪は雨で濡れない所にきちんと積み上げて乾燥させないと
生乾きではストーブにくべても煙で燻されるばかり。
切ったばかりの薪はこんなにありました。
b0059684_2125649.jpg


母と弟が午後から来てくれてのべ3日かかって薪を積んでくれました。
こんな風になりました。これでまだ半分くらいです。
b0059684_2054982.jpg


早速、コナ営業部長が視察に来ました。「はかどってるかね?」
b0059684_20562511.jpg


営業部長、薪の上の乗り心地をまず確認。
b0059684_20573024.jpg


積んだ薪の列の間に入ってしまった営業部長。
b0059684_20583376.jpg

探検に飽きたら出てきました。
[PR]
by eniwasorati | 2007-10-29 21:00 | ねこや日記 | Comments(2)
Commented by at 2007-10-30 16:35 x
めっちゃ懐かしい光景なんですが…現役の暖房なんだよなぁ(笑
Commented by eniwasorati at 2007-10-30 21:19
馬さん、現役なんてもんじゃないですよ。これないとうちは凍えてしまいます。
この薪を保存している建物は今、切り立ての木の匂いでとてもいいですよ。


<< 開店3周年記念が間近です 今日は変則営業です >>