イタリアントマト談義

今日、浦河のイタリアントマト生産の草分けFさんがご来店で
しばらくトマト生産のお話を聞けました。ありがとうございます。

今、浦河の美味しいミニトマト「アイコ」は東京や京都の高島屋の
八百屋さんにも卸しているくらいのブランドトマトになっているんだそうですよ。
でも、地元の人や生産している人自身もその価値が今一つぴんと来ない。
それは北海道の人に共通することですよね。観光資源とか美味しい食材とか
たくさんあるのに、北海道以外の人が「素晴らしい!」って言ってくれるものを
「こったらもん、どこがいいのさ」とか言いながら大事にしなかったり。
「都会の人は物好きだねえ」なんつってね。
もったいないですねえ、という話をしたのでした。

自分達がまず、その希少価値の理由を知って大切に育てて価値を高めて行けば
日本中に誇れる地場産業になるのに。
高く売る、と言うのが目的ではなくて、十分価値を知った上で適正な価格で
販売して行くことで、地元できちんとした収入が得られるのです。
北海道は失業率高いとか、田舎に就職口がないとか言いますが
なければ作ればいいのではないかな?というお話でした。
いいものを作ればそれを食べたい人もいる。
勉強になります。

明日10月18日(木)は定休日で休みます。
あさって10月19日(金)は通常営業。
その次10月20日(土)も通常営業。

そして10月21日(日)は浦河大黒座まつりのため、
午後3時閉店の予定です
。朝は7時からやっています。
[PR]
by eniwasorati | 2007-10-17 16:37 | ねこや日記 | Comments(4)
Commented by nicoluna at 2007-10-17 22:39
北海道って本当に、いい素材たくさんあります。
宝の山です。
だから、もっともっと沢山の人に知っていただけたらいいのにって思います。
そして、日曜日お世話になります。
Commented by eniwasorati at 2007-10-18 06:00
nicolunaさん、そうなんですよ。問題は地元の人が
宝を目の前にして、それが宝だと知らない事なのです。
都会の人が観光や産物を買い付けにやってくるのは
ただ単にお金を落としに来ているという受け止め方が多いです。
地元の人こそが北海道の良さをもっと知るべきなのですね。
日曜日、2名様お待ちしています~
Commented at 2007-10-18 20:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eniwasorati at 2007-10-21 21:46
オリーブさん、大黒座まつり盛況でした。まだライブやっている
最中ですが、私はうどんとコロッケを売り切って帰ってきました。
今年はいつもよりも進行もわりと滞りなく進んでました。素晴らしい。


<< 天気がいいけど イチゴがなってます! >>