輸入小麦粉の値上げ

10月1日から政府の輸入小麦の売り渡し価格が10%引き上げられ、
それにともなって国内での輸入小麦粉製品が値上げです。
今までは価格固定制だったのですが、変動制に移行したためです。
さっそく讃岐でも大打撃。四国新聞のサイト記事。
早速今朝の新聞にオーマイスパゲティの11月値上げ発表が
ありましたね。いずれパンもうどんも値上げですよね。

特に今年はオーストラリア小麦粉がひどい不作で品薄なのです。

では国産小麦はどうかと言いますと、十勝の小麦は
暖冬による雪の不足で渇水気味のため、育ちが今イチで
穂先を刈り取るだけのギリギリの背丈しか伸びてないという
目撃例。厳しい…

ねこやでは今年の春から北海道産小麦粉に移行しています。
ようやく安定したうどんを打てるようになりました(過渡期すみません)。
だから今回の輸入小麦値上げの直接の影響はないと思うんですが、
道産小麦粉もそんなに量があるわけじゃなし。
まだ粉屋さんから値上げするという話は聞いていませんが
今度確認してみよう。もし上がったらうちもちょっと値上げかも知れません。

それともう一つ気になるお話が。

ねこやで鰹節を購入している築地の鰹節問屋「伏高」さんのメルマガに
「近海、一本釣りの看板を降ろします」というタイトルが。以下抜粋コピペです。
 


『 実は、今年の秋に看板を降ろす事を決意したのは、昨年の9月でした。
  案の定、昨年の秋から、近海の鰹は殆ど枕崎に水揚げされず、
 一本釣の鰹の多くは仕上節(本節や亀節)の加工用に高値で取引され、
 とても削節原料に加工される状況ではありません。
  その上、今年の春先から、巻網鰹の価格が大暴騰。
 3ヶ月で2倍近くになったですから、鰹節業界は大騒ぎです。
  巻網の鰹節でさえ、確保することが困難な状況になってしまった。
 
 このあたりは新聞でも報道されたのでご存じかもしれませんが、
 BSEや鳥インフルエンザの影響による欧米におけるツナ缶の
 大幅な需要増が大暴騰の原因です。
 
 正直な話、近海だ一本釣だと、悠長な事を言ってられない程、
 今の鰹節業界は混乱している。
 
 このままでは、桜の花が咲く頃には、
 弊店の近海や一本釣の在庫がなくなってしまうのが現実であります。
 
 実際に使用する原料ですが、年内は今までと同様、旧商品名の通り、
 近海または一本釣を100%使う予定ですが、
 年明けから、徐々に巻網で作った鰹節も混ぜて削ってまいります。
 
 沖模様が変わり、採算に合う価格で手に入る時は、
 近海または一本釣の原料を削るつもりではおりますが、
 将来的には、削節の原料は巻網の鰹節が主体とならざるを得ません。
 
 なお、薩摩型本節や薩摩亀節(自分で削る節)については、
 最後の最後まで、近海または一本釣の鰹を使うべく、
 仕入れ努力を続ける覚悟です。 (中略)

 時代にマッチしない「絶滅に瀕している食材」を扱っている弊店ですので、
 これから先も、原料事情などの変化により、今回同様の事態が起こる可能性
 も充分にございます。
 
 手前共は、所詮、ちっぽけな商人。
 とても自然や世の中の変化には勝てません。
 
 それでも、与えられた環境の中、最善をつくし
 可能な限り『真っ当な食材』をお届けすべく努力をいたしますので
 今後ともご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。』



とのことです。こんなきちんとした考えの鰹節問屋さんの
鰹節で取っただしが美味しくないわけがない。苫小牧の鰹節問屋さん
「永見」さんもおっしゃっていましたが10年後鰹節自体の品数はどうなっているか
分からないということです。
ちゃんとした食材でちゃんと作った食べ物を食べる事が最大の贅沢になりつつ
ある21世紀なんですねえ。SFの世界ですねえ。
[PR]
by eniwasorati | 2007-10-02 09:28 | ねこや日記 | Comments(4)
Commented by くうくう at 2007-10-04 22:02 x
真っ当な食材で提供…そういう思いで料理を出してくれるのは嬉しい限りです。
いまの日本では真っ当な食材=高級品なのかもしれませんね。

話は違いますが、先日、ある日本企業が、人事、総務、経理を中国に移管するとういう番組を観ました。企業が利益を出す、生き残るためには仕方ないことなのかもしれませんが、コストの高い日本人は要らないってこと?

すみせん脈絡無いですねw
ただ、贅沢したい訳じゃない、いまの日本では、当たり前のことを当たり前にすることすらままならないのかってことを言いたかったのですが…不適切なら削除してください。
Commented by eniwasorati at 2007-10-05 08:54
くうくうさん、伏高さんの鰹節は見た目にも本当に美しいんです。
生きていた鰹が削り節になっているんだなあ、と感じられます。
コスト削減のために中国へ事務職を移管するというのは知りませんでした。
アメリカでもすでにインドにコンピューター管理などを任せているところ、多いですよね。
世界がどんどんグローバル化して、富もまた均一化していくのでしょう。
今の日本の生活が本当に当たり前なのか、それでいいのかとも
ちょっと思ったり。
いっそ、世界中みんなで150年くらい前の生活に戻ったら全ての問題が
クリアできるんじゃないかと思ったり…げふげふ…不便ですけどね。
Commented by Gallery at 2008-04-13 23:26 x

うどんの県にガンの発症率や奇形の生まれる数が多いのは・・・つまり
Commented by Gallery at 2008-04-13 23:27 x
日本国内で販売されているジャガイモの多くは、ジャガイモの発芽を押さえ「見た目」を良くするため、放射線を照射されている。放射線によってジャガイモの生命体を破壊し「死なせ」、発芽しないようにされている。ジャガイモは、当然放射能に汚染された強烈な発ガン食品である。
また放射能によりジャガイモの中のアミノ酸は毒物に変化し、ビタミン類は全て破壊される。
ネズミの動物実験では、わずか6万ラドでネズミの卵巣が発ガンした。
当然、この放射能汚染ジャガイモを食べると遺伝子の異常、白血球の染色体異常、ガンの発症、奇形児の出産、免疫の低下、生殖能力の低下等が考えられる。
この汚染されたジャガイモと安全なジャガイモは混ぜられて売られており、見分けがつかない。小麦粉にも放射能は照射されている。
放射能汚染されたジャガイモのみを「限定して」使用しているのが、赤ちゃんの離乳食である。細胞分裂が激しくガン細胞の増殖も一番激しい赤ちゃんに、なぜわざわざ意図的に放射能汚染ジャガイモを食べさせるのか。
計画的な人口減少政策として、意図的に食品の放射能汚染が進められているとしか考えられない。


<< 明日は定休日です ごぼううどん開始 >>