映画と本のお知らせ

今日は大好きな映画と本のお知らせがあります。
まずは本から。

ねこや寿司の寿司職人こと英語の先生ことノンフィクション作家の
大倉直さんの新刊が発売になりました。
(リンク先は草思社のWeb草思です。別の短編が読めます)

「陸軍将校のつくったチーズ」 愛育社 1680円(税込)

明治43年(1910)地球の裏側アルゼンチンに移住した小松慶也と
その妻子の物語です。陸軍大学校を卒業し東京の参謀本部、
弘前の第八師団参謀というエリートの道を進みながら
「翻然職を辞し南米亜爾然丁(あるぜんちん)国に渡り」
以後一度も日本に帰る事なく、苦労の末アルゼンチンで広大な牧場を
経営して酪農を営みチーズで名をなした人。
明治期のアルゼンチン移民の生活が詳しく書かれている力作です。
読みたい方はぜひ図書館などにリクエストしてくださいませ。
ねこやにも1冊ありますので、読んで見てください。

さて、次に映画の話。

「日本の青空」という映画が浦河大黒座にて上映されます。

 10月1日(月)~10月8日(月)

10:00   13:30   19:00  一日三回上映です。

前売券  大人 1200円  こども(小中高)  800円
当日券  大人 1500円  こども(小中高) 1000円
チケットはねこやにもあります。ぜひどうぞ。

この映画は日本国憲法制定について当時の日本人がその草案に
大きく関わっていた事を描いています。つまり「日本国憲法は
アメリカの言いなりで作られたものだ」という説に、そうではなくて
日本人学者の「憲法研究会」案が基礎となっていたという
あまり知られていないドラマを映画にしています。
そこらへんの事情を知るとっかかりとして、今いろいろと過渡期にある
私達はこれ、見ておいた方がいいかもなーと思ったり。
難しい本を読むよりはきっと映像で見た方がわかりやすいし。
浦河大黒座(0146-22-2149)でまだ映画を見た事が
ない方もこれを機会にぜひ足を運んで見てください。
[PR]
by eniwasorati | 2007-09-10 21:03 | ねこや日記 | Comments(0)


<< コナが熱っぽかったです 夏休み自由研究 >>