日高とんがりロード

昨日8月30日は木曜定休で休みました。
今日8月31日から金・土・日は通常営業です。

さて、昨日はまた家族でドライブに行きました。
今度のルートは近場で、襟裳岬をぐるっと一回りです。

まずは襟裳の川で上ってきている鮭を見ます。
襟裳岬ではアザラシがまだたくさん岩礁で昼寝中なので
それを見に。
黄金道路を通って、目黒に行き猿留川で鮭の大群を。
そこから山に入りハート型の小さい湖の豊似湖へ。
林道を庶野に抜けて襟裳の食堂で昼ご飯を食べた後に
様似のアポイ山荘で温泉。中村おやきをほおばりつつ
浦河のナゾの稲荷神社「鱗別神社」を見に行きました。
浦河朝9時出発で、戻ってきたのが午後3時。半日ルートです。
天気が良くて上々のドライブ日よりでした。
詳細はこちらから。写真が一杯です。





襟裳岬の入り口歌別の川で鮭が上がっているのを見ました。

b0059684_14581121.jpg


ここはまだ鮭がそれほどたくさんではなくて、河口のあたりで真水に体を慣らしている
ところです。岸の近くの草陰あたりをゆっくりと泳いでいます。

襟裳岬にはアザラシを見に行きました。ゴマフアザラシが多い時には450頭。
毎回肉眼ではほとんど見る事が出来ません。風のテーマ館「風の館」にいる
レンジャーさんに教えてもらうと望遠鏡でどれがアザラシか教えてもらえるのですが
私達は500円の入場券をけちったので自力肉眼で捜す事にしました。
岬の遊歩道脇は小さな原生花園です。
ハマナスも強い風のため地を這うようにして実を付けています。
b0059684_1515575.jpg


b0059684_1522124.jpg


b0059684_15185791.jpg

灯台は無人になって周囲の海上保安庁の建物もなくなり、寂しくなりましたね。
レストハウスの中にある襟裳の自然案内コーナーで見つけたポスター。
標識のついたアザラシ発見の際の連絡を呼びかけています。
b0059684_1543825.jpg


さて、岬の突端の展望台へとやってきました。この先の岩場にアザラシはいるはず。
b0059684_1533878.jpg


見えません。アザラシは岩礁と一帯化しています。きっとこの写真も心のきれいな人が
見ればたくさんのゴマフアザラシが見えるはずです。
次に、目黒の猿留(さるる)川に来ました。ここでも鮭が上っています。
この交通安全の旗、この数はいったいどうしたんでしょう。

b0059684_15625100.jpg


b0059684_1511561.jpg

↑ この写真手前の水中、黒い影は全部魚影です。

b0059684_15122382.jpg


ここにはたくさんの鮭が静かに泳いでいました。すごい数。海から上がったばかりで
まだ傷ついていません。カモメが鮭を狙っています。

さて、次は豊似湖へ。比較的広い整備された林道を車で登っていくと
何台もの車とすれ違います。結構人が入っている。渓流釣りの人もいました。
ちいさいハート型の湖です。
b0059684_15151121.jpg

トリカブトが花盛り。
b0059684_15155023.jpg


b0059684_1521832.jpg

間近で見ると水がとても綺麗です。すぐ深くなってます。
豊似湖は一周しても20分くらいの小さな噴火湖です。辺りの山中は石がごろごろしていて
日光の山奥や奥入瀬みたいでしたよ。さて、豊似湖から山越えして庶野へ抜けました。

ラーメンころっぷの海鮮ラーメンを食べました。だしが本当に美味かった!
奥さんと話して実は意外なご縁があったりしてびっくりしました。世間はせまいね。
b0059684_15272983.jpg


様似町アポイ山麓のアポイ山荘で温泉に入ります。この日のアポイ岳はきれいでした。
b0059684_15284370.jpg


b0059684_1529826.jpg


b0059684_15303937.jpg

アポイ山荘は去年天皇ご夫妻が泊まった宿ですね。広くて綺麗だしこれでもうちょっと
近くにあればいいのにな。温泉は熱めです。

そして浦河まで帰ってきて、とどめにナゾの神社を見てきました。
場所は常磐町の一番奥。鱗別(うろこべつ)稲荷神社。
b0059684_15324358.jpg


出雲大社のような長い渡り廊下がついている変った建て方の稲荷神社です。
古い御神体が発見されて町内有志によって作られた神社ということらしいです。
でも地元民もあまり知らないし、まだ未完成でもあります。
元々ここは浦河町で一番古い水源地でもあったそうですよ。
あずまやに神社完成までの工事写真や登記簿の写しが展示してあります。
なぜ登記簿。
というわけで、今回は近場で半日ツアーだったにも拘らず、またまた
もりだくさんの濃い旅だったのでした。
[PR]
by eniwasorati | 2007-08-31 06:30 | ねこや日記 | Comments(5)
Commented by オリーブ at 2007-08-31 18:35 x
豊似湖の木の看板。。。いつから立っていたのでしょう?
95年の9月に気がつきませんでした。
熊さん・ナキウサギに出逢われませんでしたか。
アポイ山荘の露天風呂は良いけど。。無料休憩所の喫煙が気になります。
『もりだくさんの濃い旅だったのでした。』50㎞も進めば。。旅気分
同じ道内に住んでいるのにですよね。
Commented by ゼン at 2007-09-01 01:51 x
あの異常な数の交通安全旗は、シマフクロウが車に轢かれないようにたくさん立てると聞いたことがあります。旗がないと低く飛んで車に轢かれてしまうのだとか。私もあの旗の数を見たときは「??」と思ったもので。
Commented by オリーブ at 2007-09-01 06:02 x
18日の襟裳岬突端への散策路(柵の中)でピンクの「ネジバナ」見っけ!
わが家の周辺では最近。。。盗掘かな?見かけなくなりましたら。
山野草は、種から花が咲くまで5~十年かかるそうですよね。
無理に自宅の庭に移植(「つち」が変わると)しても育ち難いって
盗掘する人はご存知かな?
アポイの野草も大事にして下さいよと大声で叫んじゃおう!!
Commented by eniwasorati at 2007-09-01 22:21
オリーブさん、看板は結構新しかったですよ。熊は大丈夫でしたが
結構不安になりますね。帰りの庶野に抜ける林道ではフンを見ました。
アポイ山荘、平日の昼間に行くとガランとして休憩所でも皆さんぐっすりと
昼寝しているのでタバコは気になりませんでした。
そういえばカタクリなんかも咲くまでに5年かかるって言いますよね。
盗掘していいことないよね。
Commented by eniwasorati at 2007-09-01 22:23
ゼンさん、そうだったんですか。いや、遠目から橋の欄干の両側にびっしりと
黄色い旗が立っているのはなかなか壮観でした。シマフクロウだって
鮭があんなに上がっていたらそりゃ橋の存在もわすれて突撃しますよね。
旗を立てた人、えらいな。


<< 9月になりました。 定休日なので休みです >>