宗谷旅行その2

8月最後の週末、遠くからのお客様はまだまだいらっしゃいますが
ご常連さんも半々で、だいぶ通常営業の雰囲気が戻ってきましたよ。

今年のいちごカスタードピザは今日で終了となりました。
そして来週からは今年のイタリアントマトを仕入れます。
レストランなどへ出荷するイタリアントマトを分けてもらい、
何回かに分けて冷凍して1年分をキープするのです。

さて、宗谷旅行の続きをUPです。
まだ1日目の途中、目的地には着いておりません。
続きはこちらから。




8月22日、午後3時半を過ぎてお昼を食べていない私達は
オロロンラインで最北にある天塩の道の駅でご飯を食べる事にしました。
そこまで何度もあちこちの道の駅でご飯を食べようとして、なんとなくスルーして
来ましたが、ここで食べないと食べそびれる気がして。
目的地の豊富には遅くまで開いている食堂…ないかも…そんな雰囲気だったのです。

そしてこれが大アタリ!道の駅てしお、すばらしい!
まずはご覧下さい。
定食600円で、いくらと塩からとウニ海苔と南蛮味噌がついてます。
名物のシジミ汁がついています。
しかもたまごはサービスです!これだけで結構おなかいっぱいに。
オプションで焼き魚をつけても900円です。魚も美味しそうだな。
b0059684_22504324.jpg


ホッキカレーというので、ホッキ貝が煮込んであるのかと思ったら、
ホッキカツカレーでした。これがまた美味い。ホッキがとても大きいです。
b0059684_2251317.jpg


そして一日限定50個のシジミコロッケ。揚げおきのもあったのに
「今、揚げるからね」と言って新しく揚げてくれました。ありがとう。
ジャガイモがホクホクでした。奥では翌日の分のコロッケを仕込んでいました。
b0059684_22512467.jpg


どれを食べても美味しいんです。他のものも食べて見たかった。
旅先で美味しい物を気持ちよく食べる事が出来るのがこれほど嬉しいのだと
改めて認識しました。私もがんばろう。「また来たい」と思って頂けるように。
名物のシジミ汁を食べなかったのがとても心残りです。次は必ず食べます。
天塩までならまた行って見たいんです。天塩川が日本海に流れ込む河口付近の
風景は素晴らしかった。
手前に「天塩川」の看板があり、港のように見えるところが天塩川。
砂洲の向こう側が日本海です。
b0059684_22531617.jpg


道の駅からちょっと海側に下がる道に向かうとこんなすごい風景が見られるのですが、
ツーリングの皆さん大概まっすぐ稚内へ向かうから、もったいなかったな。
「こっちに行ったら絶景ですよ~」と教えたかったです。

私達はサロベツ原野を突っ切るつもりなので海沿いの道を進みます。
途中、一直線にならんだ風力発電の風車の景色が壮大でした。
写真左手に一列に並んでいるのが風車。
近づくと本当に大きなものです。
b0059684_22574344.jpg


夕方4時半過ぎにようやくサロベツ原野ビジターセンターに到着。
夕陽が沈むにはまだちょっと早かったです。
サロベツ原野は南北に長いので、日本海側から入ると以外と狭い、と
感じます。しかし、人が入れない場所の方が多いのです。
b0059684_2313748.jpg


ちょうど観光バスが止まって、観光客の皆さんが列を作って約1kmの湿原内の
木道を散策しているところ。花の盛りは終わりましたが、秋の花が咲いていました。
私達は5mで断念。寒いんだもん。
付近は干拓が進んで、原野はかなり牧場になっていました。

そしてそこから10分ほどで豊富町内へ。目的地は豊富温泉です。
豊富はセイコーマート(北海道で広域展開しているコンビニ)の牛乳を
作っている町で、事前に聞いた噂では「セイコーマート城下町」…
町中がセイコーマートのオレンジ一色に染まっているとか…
行って見たらそんなことは全然なくて、いや、というか、コンビニの
姿が全く見えなくて…食堂もやはり閉まってて…
よかった、道の駅てしおで食べといてよかった…

コンビニは翌日みたらありました。街の南北の入り口に2箇所。以上。
いや、確かにあの規模の小さい町に2軒セイコーマートがあることが
すでに「城下町」と言えるかもしれないが。(んあこたぁない)

さて、豊富温泉はかねてより皮膚疾患によく効くという温泉です。
石油の臭いがする特殊な温泉で、全国からアトピーなどを患った方々が
湯治にいらっしゃるというところ。温泉宿も民宿もあります。
町営ふれあいセンターは日帰り入浴のみですが、大浴場の他に
湯治客用の濃いお湯に入る事も出来ます。

さて、お湯は石油臭い。というか、石油浮いてます。本当です。
大正時代に石油を掘っていたら湧いたお湯だそうです。
泊まった宿のおばさんが言うには「ここのお湯に3日くらい入ると皮膚の悪いところから
悪いものが一度全部出る。それからよくなる」のだそうで、効果が出るには
1ヶ月くらい湯治しなければならないのだそうです。
私はアトピーではないのですが、職業病なのか手の指が荒れているので
よくなるのかな、と思いながら入ってきました。結果は、やはり1ヶ月入らないと
1度や2度では効果が出ない事がわかりました。
それにしても石油の浮いてるお湯って体には結構負担がかかるのでは…
湯治も大変だ。

さて、私達が泊まった宿ですが、これがまたすごいんです!
あまりのすごさに写真を撮るのを躊躇してしまいました。
続きはまたこの次に。
[PR]
by eniwasorati | 2007-08-25 23:29 | ねこや日記 | Comments(5)
Commented by オリーブ at 2007-08-26 05:23 x
『ホッキカツカレー』はフライにされての北寄貝ですか・・・
お子様(幼稚園児位の年令・最近の小学生の食は大人以上ですもの)も食べれる辛さでしょうか?
そして気になるお値段は?時価では無いですよね。季節限定メニュー??
手塩のシジミは「大粒」と噂に聞いてますが、その通りでしたでしょうか?
お腹すいてのパソコンで思わず。。塩辛ダメなのに写真に手がでそうになりました。
Commented at 2007-08-26 06:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eniwasorati at 2007-08-26 22:26
オリーブさん、道の駅てしおのホッキカレーはあまり辛くありません。
洋食のカレーソースという感じかな。お値段は700円。
ここのお値段はどれもとても良心的です。お土産に売っている珍味や
佃煮類も「あとで稚内で買えばいいや」と思っていたら稚内ではもっと
高かったので、てしおで買えばよかったと後悔して止めました。
旅館、アタリです。詳細は上に書きましたが、すごかったですよ。ホントに。
面白かったです、ちょっとクセになりそう。
Commented by オリーブ at 2007-08-27 07:17 x
食べ歩き・・道の駅シリーズなんて如何でしょう?
マウイの丘でラム肉骨付きステーキは素敵(シャレわかってもらえたかな)でしたよ。
お値段は06年度で870円と手帳に記入してました。。
Commented by eniwasorati at 2007-08-27 22:26
オリーブさん、道の駅は結構美味しいところ多いですよね。
知らない町でご飯を食べる時につい、寄ってしまうのが道の駅。
うちとしてもかなり強豪ライバルです(笑)。
一般のお店も開拓しないと。


<< 宗谷旅行その3 宗谷旅行その1 >>