トマトの話

今日は涼しかったですね。雨が結構勢いよく降ってきてシャワー効果で
ここ何日かの暑さが洗い流された気がします。
今日はお盆の終わりの日でもあるのですが、もう世間はなんだか
すっかり平日モードでねこ食も普段どおりのまったりに戻りました。
暑い中いらして下さった皆さんありがとうございます!

さて、今日はちょっと早めに店を閉めて、いつもトマトを試食させて
頂いている浦河町の藤田さんにお邪魔しました。
先日のシシリアンルージュとアイコという品種の試食の感想を
伝えに行ったのです。この他にも3種類くらい試食させて頂きましたよ。
毎年浦河の「オレンジの会」の農家の皆さんに分けてもらっている
サンマルツィアーノといういわゆるイタリアントマトはいまや「幻のトマト」と
言われていることを教えて頂きました。というのも、このトマトは
日本の土壌で作るにはなかなか難しくて、今まで作っていた方も
栽培をやめてしまったりで、とても少なくなっているのだそうです。
藤田さんも調理用トマトとしてサンマルツィアーノよりシシリアンルージュに
重点を置きたいとのこと。シシリアンルージュは生で食べても
とても甘くて美味しいトマトなんですよ。調理するのがもったいないくらい。
シシリアンルージュもアイコもサイズはミニトマトよりちょっと大きいくらいですが
実は1個50円するんです。それだけの価値が確かに。
あの味を知ってしまったらもう缶詰使用には戻れない。

というわけで浦河産イタリアントマトを使ったソースが美味い
ねこ食の看板メニュー「トマト焼きうどん」と「ピザ」ですが
トマトの貴重さに敬意を表してこの秋値上げさせて下さい。
なんでもかんでも値上げのさなか申し訳ありません。
[PR]
by eniwasorati | 2007-08-16 23:28 | ねこや日記 | Comments(2)
Commented by nicoluna at 2007-08-17 07:45
ぜひトマトを食べてみたいって思ってしまいました。
Commented by eniwasorati at 2007-08-17 22:44
nicolunaさん、本当に美味しいですよトマト。
この浦河産のシシリアンルージュはまだ試作段階なのですが
アイコは全国各地のイタリアンレストランやデパートから引き合いが来ている
そうです。サンマルツィアーノはすでにハンバーグレストランチェーンで
使われているのです。
その隙間を縫ってうちでもちょこっと分けてもらう感じで。


<< 白いプリン 暑さも4日目 >>