支笏洞爺の山並みが静内から見えました!

5月24日(日)
昨日よりは風があって気温低めでしたが
よく晴れて暖かい一日でした。

午後からご常連さんや初めてご来店のお客様、
ねこ食ちょっと混みました。
ありがとうございます!

夜7時ちょっと前に閉店して、フクと一緒に
静内の町へ買い物に行きました。
夜7時は日没直後でとても明るいです。
真歌の海岸沿いの国道あたりから西側を眺めると
苫小牧の樽前山はもちろん、支笏湖の風不死岳や恵庭岳
洞爺湖の山々がくっきりはっきり見えています。

国道からこの景色が見えるのは、静内の町に入る手前(浦河側)の
真歌あたりからだけなんです。
静内の街中からは見えないし、新冠も判官館が邪魔して見えないし、
大狩部あたりからは見えるかなあ。
厚賀の坂なら見えるか。
とにかく、意外と見えづらい。

そして、空気がきれいに澄んでいるときにしか
見えません。
さらに。

駒ケ岳まで見えます。

いや、ほんとに。

胆振の山々がずっと連なっていて、その
一番左、ちょっと離れてぽつんと小島みたいに
見える山があってですね。

あんなところに山あったっけ?と地図でみたら
駒ケ岳なんですよ。
b0059684_22582486.png
私も、まさか!と思ったのですが、ちょっとネットを調べたらこんなページを見つけました。
こちらは駒ケ岳側から東を見たら襟裳の楽古岳が見えたようです。
200km離れているそうです。
b0059684_23034762.gif
これなら、静内から駒ケ岳はもっと近いですもんね。
年に1回か2回くらい見えることがあります。
[PR]
by eniwasorati | 2015-05-24 23:06 | ねこや日記 | Comments(0)


<< 日替わりメニューにオムカレー再登場! 大黒座で「旅する映写機」を見て... >>