ツキネコ北海道さんが浦河の捨て猫保護に動いています

4月23日(木)
今日は一日快晴でした。
お天気がいい日は営業しないのがもったいない、と
つい思ってしまうのですが、今日は定休日です。

先日から風邪気味をだましだましやり過しているので
GW前の定休日にちゃんと休んで、しっかり治し
土日、祝日、GW期間中は休まず営業します。
次のお休みは5月7日(木)の予定です。

みな〇さんは今日明日と営業し、
今度の土日は臨時休業だそうです。
お気をつけて。

札幌にあるNPO法人ツキネコ北海道の代表吉井さんが
浦河の捨て猫を保護に動いています。
以下、フェイスブックの文章をコピーです。
本日4月23日の記事です。

昨日、入居した4匹の猫。
ボランティアのUさんが保護したこの猫達。
実は日高の浦河町の山で保護されました。

今月初旬、Uさんのお母さんが浦河まで山菜を撮りに行ったところ、山の中をたくさんの猫たちが走り回っているのを目撃します。
よくよく観察していると、何匹もの猫がいてどうやらこの場で捨てられたようだと・・・・・。

その話を聞いたUさんは居ても立ってもいられなず、
お姉さんと即札幌から現地に出向き4匹の猫を素手で捕獲しました。
検査したところまだ生後4~5ヶ月の子猫たちです。
朗らかに飼い猫とのことでした。
しかしまだ3匹の猫が捕獲出来ず残されています。

この残された猫たちのことが気になってどうしても保護したいとの思いから、これから代表の吉井と捕獲すべく現地に出向きます!

札幌から浦河まで車で3時間掛かります。
捕獲器を持参していきますが、捕獲出来なかった場合、頻繁に様子を見に行くことが難しいです。

そこで、浦河方面へお住まいの方で、お手伝いいただける方はおりませんか?

現場は、浦河町東町ちのみ1丁目2-1 浦河赤十字病院近辺の墓地らへんです。

本日は17時頃まで現地におりますので、お手伝い頂ける方は代表の携帯電話までご連絡をお願いします。

吉井 090-2872-6464

b0059684_16542637.jpg
b0059684_16544200.jpg

引用おわり。


浦河の捨て猫を、札幌から助けに来てくれている。

本当に、申し訳ない気持ちです。

山の中に捨てずに、せめて保健所に持ち込んでいたら
新しい飼い主を見つけるチャンスもあるのですが
捨て猫はいずれ自活は難しいものです。
夏、秋はなんとかなっても越冬は出来ない場合が多い。

飼い猫は去勢、避妊手術をして
増えないように管理が第一です。
もし子供が生まれたら、自分で新しい飼い主さんを
見つけることも必要です。
ボランティア団体に相談(丸投げではなく)する場合、
あくまで自力で対処する方法をアドバイスしてくれます。

浦河のこの懸案は、今日一日では解決にならないかも
しれません。
もし協力できる方がおられましたら
上記の吉井さんにご連絡よろしくお願いします。






[PR]
by eniwasorati | 2015-04-23 17:03 | コナねこ営業部長 | Comments(0)


<< 龍汰呼さん来ました! やちぶき咲いています >>