静内保健所で子猫7匹が里親を待っています。9月22日(月)まで

9月20日(土)お昼12時30分で閉店となりました!
申し訳ありません。
たくさんのお客様、ご来店ありがとうございます!
明日も朝7時からの営業となります。
よろしくお願いします。

おはようございます。
9月20日(土)
今朝も朝7時から営業していますよ!

8時前からお客様ご来店で、
今日も早仕舞いの予感がします。
うどんなくなり次第の閉店となります。
電話0146-44-8030までご確認ください。

昨日は午後2時で閉店して、札幌で行われた
「犬と猫の救済ネットワーク」の
緊急シンポジウムに出席しました。
ことの詳細はこちらのブログをご覧ください。
これまでの経緯などが掲載されています。
また、フェイスブックのページにはリアルタイムで
いろいろな動きが報告されています。

かいつまんで説明すると、
札幌できちんと活動されていると思われていた動物保護団体の
実態が、お手伝いをしていたボランティアさんからの
悲痛な報告に寄って明らかになりまして
今すぐにでも保護が必要な犬や猫が多数いることが判明。
すでに何頭もの犬猫が死に、
悲惨な状態で暮らしている犬猫がいます。
北海道内のボランティアさんたちが動き始めています。

しかし、個人ボランティアの力はなかなか小さく
行政も動く決め手となる法整備が足りず、
警察も検挙できる事案ではなく、
報告して下さったボランティアさんもいろいろな事情で
全てを語れず。

そういう現状を報告、意見や質問を投げかけあう
有意義な会議でした。
命を扱うボランティアさんが情に流されずに
自分の力量を見極めて活動することの難しさもよくわかりましたよ。

さて。
それらを踏まえて。

静内保健所で子猫が7匹!
里親を募集しています。
命の期限は9月22日(月)
b0059684_10485675.jpg
猫は20年生きるといいます。
生涯、ちゃんと飼える方
よろしくお願いします。

上の問題となったボランティアさんも
引き取り手のない殺処分となってしまう犬猫を
コンクリートの上で死なせたくない一心で
引き取ってしまうのがそもそもの発端なのだそうです。

自分の領域や容量をオーバーして、かわいそうだからと
保健所から引き出しても、結局は
更に動物を不幸にします。
よく考えて、一生この子と暮らそうと
決めた方はぜひ、
静内保健所 0146-44-0251 までご連絡をお願いします。
土日はお休み。
月曜日が期限です。


[PR]
by eniwasorati | 2014-09-20 10:55 | コナねこ営業部長 | Comments(0)


<< 冷やし桶サルサうどんは今日で終... 9月19日(金)午後2時で閉店です >>