浦河保健所で里親を待っているわんこがいます。【里親決定しました】

8月17日(日)
ああ、お盆も終わったな~、という一日です。
空気もひんやり。

龍汰呼さんも「今日は暇だなあ~」って言ってました(笑)

明日から通常の日常が始まりますね。

さて。
明日の週明けまで里親を募集しているわんこが
浦河保健所でお声がかかるのを待っています。
10歳(推定)オス
期限はもう切れているのですが、
週明けまで待ってくれています。

【8月18日追記】里親決定しました!
ありがとうございます!
b0059684_17113565.jpg
b0059684_17120570.jpg
b0059684_17122208.jpg
北海道しっぽの会さんのフェイスブックに詳しい情報がありました
以下引用

浦河保健所に収容されているミックス犬のオス。
浦河町杵臼地区の牧場地帯を一年程前から彷徨っていたとの通報で役場に捕獲されました。
これまで、牧場の家畜の餌や人から餌を貰い生き延びてきたのでしょう。
保健所では、大人しくシャンプーさせてくれ、人に慣れお腹を見せるとてもフレンドリーな子です。
温厚で吠えもないので大変飼いやすい子です。
排便の際に鮮血便をすることもあるそうですから、高齢ですし
引き取り後は病院での診察をお勧めします。
幸せになりたいのはどの子も同じはず・・優しいご理解ある方を待っています!

浦河保健所生活衛生課:0146-22-3071 
http://www.hidaka.pref.hokkaido.lg.jp/hk/hgc/homepage/dog.htm

引用おわり

犬は、とにかく散歩が肝心です。
必要な量を散歩するだけでさまざまな問題行動もおさまります。
フクいぬも、最初はどうしようかと思うほどいろいろ
あったのですが、
毎朝毎晩の散歩をがんばったので、
興奮脳がかなり落ち着いていい犬に
なってきました(過渡期)

飼い主も健康になります。
飼える環境にある方はぜひぜひ。



[PR]
by eniwasorati | 2014-08-17 17:20 | フクいぬ営業部員 | Comments(2)
Commented by 動物だいすき at 2014-08-19 03:55 x
声を大にしていいたいのは。
子犬から、子猫からではなくても十分家族の一員になれるということ。

うちは子犬からのときもあるけどほとんど、2~5歳の成犬の里親になってました。子犬から育てたとき持っている性質をわからなく、もってうまれた性質は簡単にはかえられないこともわかったし。

しれなら自分の家にあった成犬。。他犬にOK,子供にOK tokaほとんど吼えないとか、成犬ならもう性格ができているのでその点ほんとうに楽です。

うちには猫もいますよ。
3歳でアダプトしました、子供が生まれたときは、猫がすごく
子供をきにかけてくれましたよ。
泣くのが聞こえると真っ先に猫のほうがドアに向かう。

遊んでいると横にすわって子供たちを見守る。
写真を見返すと子供が小さいとき、いまもそうだけど。
常に横にいます。

だから、子犬、子猫からとかこだわらないでほしいです。
子犬、子猫からのほうが本当にたいへんです、しつけとか。。。

もう少し成犬、成猫も家族に迎える視野にいれてほしいですよね。
Commented by eniwasorati at 2014-08-19 07:28
動物だいすきさん、ありがとうございます。
里親募集中の保護犬、保護猫は大人の割合が高いですね。
特に、老犬を捨てる人がいて、
里親に名乗り出てくれる方もなかなかいないので
いつもハラハラします。
今回の白いわんこは、病気についても理解のある方が
里親になってくれたそうで、よかったです!

保健所に保護されて、里親募集しているいぬねこを見ると
なんとかしてやりたい!と思ってしまいますが
自分のキャパシティを超えて飼ってしまうと
共倒れになって、また誰かのお世話にならなくてはならないので
ぐっと我慢。

いぬは15年、ネコは20年生きる、と言われますよね。
大人の犬猫も救いの手を待っているので、
最後まで看取る気持ちで、大人のいぬねこ、飼ってほしいです。


<< 8月19日(火)午後3時閉店です。 涼しくなってきました >>