道産小麦粉(さらさ、華粉)でうどん試作しました

4月13日(日)
今日は朝から暖かい感じでしたね。
午後から強風。

今日は一日中たくさんのお客様ご来店、
ありがとうございます。
気温が上がるとお客様も増えてきますよ。
もうちょっと暖かくなってほしいなあ。

先日、三本コーヒーさんが手配してくれて
ヤマチュウ山本忠信商店さんの
道産小麦粉のサンプルを頂きました。
右が1番粉「さらさ」、左が2番粉「華粉」
微妙ですが、さらさは白くて華粉は茶色い。
b0059684_09004146.jpg
それぞれを混ぜずに打ちました。
小麦粉1kgに対し、塩分10%の塩水400cc。
室温18度で一晩寝かせました。
左が白いさらさ、右が茶色い華粉です。
華粉の方が、小麦の香りが強いです。
b0059684_21240888.jpg
伸して、切り、うどんになりましたよ。
左が茶色い華粉、右が白いさらさです。
b0059684_21284225.jpg
いつものねこ食のうどんよりも、水を加減したので
(正しい分量でやりました。うちのうどんは水ちょっと多目なのです)
硬めのうどんになりました。

こちらが、一番粉さらさで打ったうどん(茹で)
b0059684_21313137.jpg
食べた感じは、今使っている「舞い雪」とあまり変わりません。
打ち方が硬めだったので、ツルツル感は若干足りなかったか。
香りが少し、強いかな。美味しいです!

そして、こちらが2番粉「華粉」
色が茶色いので、まるで更科蕎麦みたいです。
b0059684_21333897.jpg
野趣あふれる味わい。弾力がすごいですが
今までのねこ食のうどんとはまったく違います。
これはこれで、美味しい。

というわけで、もし、うちで使うとしたら
1番粉さらさを使いたいです。
2番粉華粉をさらさにブレンドを推奨、とメーカーさんからの
手紙に書いてありましたが、華粉の個性が強すぎるので、
使うとしたら、さらさ一本で。

ちなみに、いつもねこや食堂で使っている
横山製粉の道産小麦粉「舞い雪」で打ったうどんはこちら。
b0059684_21391451.jpg
水分多目に打っているので、打ち粉も多目なのです。
麺がくっついちゃうから。
そして、細麺仕上げ。
茹でた舞い雪はこちら。
b0059684_21403454.jpg
水分が多いと、麺にねじれが出ます。
そして、すごくツルツル感。
冷たいぶっかけなんかは、最後はつゆごと
麺が飲めますもん。

いやあ、舞い雪、大好き。
この粉でうどんを打っている時の
幸福感ったら、ないですよ。
いい粉を使っているのです。





[PR]
by eniwasorati | 2014-04-13 21:45 | 定番のメニュー | Comments(0)


<< 静内syzygy(しじじー)さ... タイヤがバースト! >>