富良野の小麦でうどんを打ちました

おはようございます。
9月22日(日)
連休2日目です。
今日もとてもいい天気ですよ!

先日、ねこ食に来てくださった上富良野町の
興農社の佐々木さんにおみやげで頂いた
小麦粉でうどんを打ってみました。
はるゆたか強力粉 1kg
b0059684_804742.jpg

小麦粉1kgに対して、水400cc 天然塩40g
加水率40% 塩分10%です。

粉はサラサラ!
いつも使っているのよりも木目細やかですが、
うどんにはどうなのか。お試し。
b0059684_824191.jpg

水回し。
粉の一粒一粒に塩水がしみ込むように混ぜます。
力を加えてはいけません。指先で軽く混ぜます。
小麦粉は、圧力を加えると硬くなり、それ以上水をしみ込ませなく
なってしまうからです。
b0059684_83546.jpg

水回しして、畳んで押しました。
1回踏んだらこうなります。
b0059684_842165.jpg

米の袋に入れて、一晩保存します。
翌日はこうです。しっとり。
b0059684_854531.jpg

また踏んで、伸して
菊練りして、丸めるとこんな感じ。
b0059684_86827.jpg

これをまた踏み、麺棒で押し延ばしします。
ここで初めて打ち粉(片栗粉)を使います。
これまでの作業は、生地が手に粘ることはありません。
うどんと水と塩の加減がちょうどよければ、べたべたしないのです。

打ちました。
1kgでこの量になります。
10人前くらいです。
b0059684_893666.jpg

この状態で、冷蔵庫で一晩寝かせます。
すると、更に熟成が進んで、こんな麺になりました。
b0059684_8103393.jpg

8分茹で上げ。
つやつや。
b0059684_8113357.jpg

食べた感じは、いつもの中力粉よりも弾力があります。
色が少し灰色気味。
角が立って、少しねじれのある、いいうどんだと思います。
茹で時間はもっと長めにしてもよかったかな。

他の粉を試す機会は意外と少ないので、
今回試してみて、なかなか面白かったです!
興農社 佐々木さん、ありがとうございます!
興農社さんのサイトはこちら
通販もありますよ。
[PR]
by eniwasorati | 2013-09-22 08:16 | 定番のメニュー | Comments(3)
Commented at 2013-09-22 21:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eniwasorati at 2013-09-23 07:57
にゃんたろさん、ご来店ありがとうございました!
馬を見がてら、ぜひまたおいで下さい。
写真、ブログ掲載してください。
あの時、コナはいたけど、ソラも帰ってきてましたか。
Commented at 2013-09-23 11:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 連休3日め。 みな〇水産さんの写真をUP >>