「ハーブ&ドロシー」大黒座で無料上映会

3月17日(日)昼間はとても天気がよかったです!
風は冷たかったけど、地面はどんどん溶けています。

朝の静内川散歩も出発時間を少しずつ早めています。
5時半にはもう明るいです。
正面から白鳥が飛んできました。
b0059684_17341489.jpg

私とフクの頭上を越えて、去っていく白鳥たち
b0059684_18863.jpg

もうちょっとで本当の春が来る。
朝はまだまだ冬っぽい気温です。

浦河大黒座で無料上映会があります。
「ハーブ&ドロシー アート界の小さな巨人」
3月23日(土) および 24日(日)
両日とも、午後4時から上映開始
定員は、各回とも48席まで

ハーブ&ドロシーとは。

2月3日の記事で札幌の無料上映会についての
お知らせの中に、詳細を書きました。
こちら
映画の内容は、ニューヨーク在住の郵便局員と図書館司書の
夫妻が30年間こつこつと買い集めてきた現代美術絵画が
今となっては膨大かつ貴重なコレクションとなっていた、という
ドキュメンタリー映画です。

続編「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物」の公開に先駆けて
前作を無料で上映しよう、というなかなか面白い催しです。
それだけ面白い、絶対見てもらいたい、という
実行委員会さんたちの熱意を感じますね。

続編「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈り物」も
大黒座で
6月8日からの上映が決まっているそうです。
ぜひこの機会に、前作「アートの森の小さな巨人」を
ご覧になって、続編を楽しみにお待ちください。

3月16日(土)~29日(金)は
「さぁ のはらへいこう」の自主上映会も
行われています。
詳細はこちら

浦河に、いや、日高に
大黒座があってよかったなあ、と映画の紹介をするたびに
しみじみ思います。
なかなか見に行けないのが悔しい。
[PR]
by eniwasorati | 2013-03-17 18:19 | 大黒座情報 | Comments(0)


<< ぼちぼちインドカリー食材を発注 30,31日は恒例インドカリーの日! >>