ルーツが判明

今日26日(木)は午前8時から午後1時までの
変則営業となりました。

明日27日(金)は、朝7時からの営業ですが
9時から10時までは用事のため
出掛けます。
戻り次第の通常営業です。
よろしくお願いします。

今日は、我が家のルーツについて
いろいろと驚愕の事実が判明しました。

曽祖父の妹が日本女子大創始者の嫁だった、とか
(明治時代の話です)
その方の存在すら知らなかったので、もうびっくり。

さらに。

うちに古文書の過去帳が残ってて、ついでにそれを見たら
一番古い祖先が結城(松平)秀康(徳川家康の次男)に仕えていて
慶長6年(関が原の翌年)
下総から越前へ加増転封になって
越前松平家の始祖となった時に一緒にお供したと
書いてありました。
姓はハットリ。
生国は伊賀。
にんにん。

それからずっと幕末まで越前福井藩にいて、
福井藩士6代目の曽祖父が明治になって
北海道浦河に来たのでした。

いやあ、なんかもう、びっくりで。
冗談で「忍者なんじゃねーの」とか言ってましたが
まじだった。
[PR]
by eniwasorati | 2012-07-26 23:45 | ねこや日記 | Comments(4)
Commented by のび太@千葉 at 2012-07-27 07:49 x
ほおぉ~こんな高貴な血が私にも(薄まってはいるが)受け継がれてるんだ・・・私は新潟の百姓の子孫だと言われてた(T家の方)んだけど。
Commented by bgdogdog at 2012-07-27 13:38
ホントは 関西に近い人だったんですね~~。それにしてっも ニンニン笑えます。ご先祖様が わかるのは すごいです。 
Commented by eniwasorati at 2012-07-27 21:58
のび太@千葉さん、高貴というわけではないみたいですよ。
忍者だもん。
武家としての身分は低かった。

明治時代になって、曽祖父直一氏が
同志社を出てクリスチャンとして
北海道に入植するのですが、
やっぱりお金はあんまりなかった(笑)

でも弟の他之助氏は留学して日本女子大創立後は教授、
後に学習院教授で、乃木希典と同僚で
(乃木さんは後に学習院学長)
子供だった昭和天皇の先生だったとかですよ。

おばあちゃん達のプライドがやたら
高かったのも、なんとなく今なら分かる…
詳しい話、いろいろあるので、いつかそのうち。
Commented by eniwasorati at 2012-07-27 22:11
もいろみさん、こんばんは!
いやいやいや、伊賀だったのは400年以上前ですから!
曽祖父が北海道に来てからでも、そろそろ百年くらい
経つんじゃないでしょうか。

私に至っては、半分は岩手県だし。

でも、ルーツが分かるって、確かにありがたい。
今回も、古文書があったから分かったんで
誰も何も言い残さずですよ。
ちょっとー!言ってー!
言ってから死んでー!って感じです。


<< しずない夏祭り開催 フクに初取材の申し込み >>