薪、買いませんか

今日はひな祭りですね。
スーパーのチラシがすごく華やかです。
そして、ひなまつりだから寿司を食えと。

クリスマスも新年も節分も
寿司食べろって言ってるよなあ、スーパーのチラシ。

さて、きこりのおじさんが今年の薪のサンプルを
ねこ食の庭に積み上げてくれました。
場所はここ。
b0059684_1717797.jpg

たて5尺×よこ6尺×長さ2尺
b0059684_17182462.jpg

これで1間(いっけん)です。
ねこ食では、これで1ヶ月~1ヵ月半もちます。
今度の冬のために、4間分注文しています。
11月から焚き始めて、4月くらいまで持つ感じ。

薪アップ。
b0059684_17215650.jpg

いい丸太です。
フクと比較すると、大きさがわかります。
b0059684_17224975.jpg

このままだとストーブには入りません。
自分で割れる人は、この状態で納品。
薪が割れない人は、1間につき3000円の手数料で薪割り付きです。

料金は、1間につき 10000円(薪のみ)
おじさんから買った人のみ薪割り作業 1間につき 3000円

また、浦河までの配送は 1間につき 1000円追加
様似鵜苫までなら 1間につき 1500円追加

ただし、料金はまだ検討中で、多少の変動はあります。
配送距離や薪の保管場所などの条件は
ご注文の際に、おじさんにご相談ください。
いずれにしても、かなりお安い…

静内は同業の方がけっこういるので、
おじさんのお名前はここでは出せませんが、
おじさん、若い頃から山仕事きこり一筋で
木と山の事なら本当に詳しいです。
薪も、燃えやすく しかも長持する間違いのないものを
自分の山から切り出してくれるそうです。

木は、夏に切ると枯れる。
春先の今切れば、枯れずにまた新芽を出す。
だから、冬のための薪の注文は今頃するものだそうです。

「お金がない人が薪を焚くことが多いんだから
その薪を高く売ってもだめだ。
薪を安くして、3年くらいしたら鋳物のいいストーブを
買えるくらいの余裕がでないと。

真冬でも窓を開けるくらい
惜しまずどんどん薪を焚いて、
みんな暖かく暮らしてほしいんだ」

と言うのが、おじさんの気持ちだそうです。
ありがたいと思います。

灯油、まだまだ値上がりするらしいですよ。
薪ストーブ導入を検討されている静内、浦河近辺の方は
ぜひ、サンプルの薪をご覧になって
ねこ食にお声をかけてください。
きこりのおじさんに取り次ぎます。
[PR]
by eniwasorati | 2012-03-03 17:41 | ねこや日記 | Comments(0)


<< 明日はお昼から営業です ソラねこも喜ぶ暖かさ >>