やちむん沖縄ライブ、楽しかったです

おはようございます。
12月18日(日)ねこや食堂は営業中です。
国道に雪はありません。乾燥路面(一部凍結)です。
雪がないって、本当にありがたい。

昨日は午後5時に閉店しまして
浦河大黒座で短編映画「忘却の楽園」と
原田史也&やちむん奈須重樹ライブを
見て来ました。

「忘却の楽園」は沖縄出身の岸本司監督が
沖縄の俳優さんスタッフさんと沖縄を舞台に撮った
ギャング映画でしたよ。
ハードボイルドなんだけど、所どころに沖縄っぽい
ゆる~いギャグが入って「ここ、笑うとこ?」と
道民は戸惑いました。
面白かった(笑)

その映画の中の、ヤクザの幹部で出演していたのが
やちむん(ユニット名)奈須重樹さんです。

地元の歯医者さん原田史也さんの正統八重山民謡のあと
奈須さん登場。
こちらはアコースティックギターで、民謡ではなく
オリジナル楽曲ですが、これが楽しい曲ばかりで。

「がんばれイボやーるー(やもり)」
「ハブに噛まれた猫みたい」
「(沖縄)そばとロックの日々」
「ふるさとの思いセマル(迫る)ハコガメ」

と、曲のタイトルがそのまんまで!
アップテンポの曲は、途中で
「バババーン!」「シュワー!」「ピルルル!」と
効果音が入ります。
そして、キメのポーズ。
私と母ヒロコは例によって
一番前のかぶりつきで聞いていたのですが、
迫力満点でした。

そして、生のギターと歌は聞くとやっぱり
元気でるねえ。
原田先生の民謡もよかった。
1年のライブ締めくくりになりました。
[PR]
by eniwasorati | 2011-12-18 15:22 | 大黒座情報 | Comments(2)
Commented at 2011-12-18 16:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eniwasorati at 2011-12-19 20:15
お忙しかったですね、お疲れさまでした。
お天気もう少し続くといいですね。


<< うどんがいい感じです 17日は午後5時で閉店です。 >>