津波で避難した時の事

この度の東北・関東大震災で被害に遭われた方に
お見舞いを申し上げます。
とても大きな、しかも長い揺れで「これはどこかで大きい地震が」と
思っていたら、想像を絶する巨大地震でした。
まだまだ大変な事態が続いています。首都圏への影響も大きいです。
事態の対処に尽力されている方々もたくさんいらっしゃる…

やっとネットがつながりました。
皆さんにはご心配をおかけしました。
今回、東北・関東で起こった事は日本のどこでも
いつ起こってもおかしくない。
たまたまここは無事だったのです。

3月11日、私とコナソラねこ営業部も津波に備えて避難しました。
その時の事を。
b0059684_2031266.jpg




3月11日、お昼はお客さまがたくさんみえて午後3時前には
私一人だったので、仕込みをしていたのでした。
そこに長い揺れ。
東北地方震度7でとても驚きました。
テレビを見ていたら、釧路の港の海水が下がってきたのを放送していたので
この辺りも今回は津波が来る、と思いまして。
避難する時はねこ営業部もつれて行く、とは思っていたので
すぐにコナねこをゲージに入れました。
もう一つのゲージは実家にあって、ソラが入るゲージがない事にここで初めて気がつく。
外套を着ていつものバッグを持ち、とりあえずねこ食の裏の山に上がってみました。
コナはゲージごと運びましたが、ソラはイヌのようについてきました。

海を見る。
b0059684_2014187.jpg

ねこやの裏の、猫連れで上がれる所って、意外と低かった…
ここではたぶん、だめだろう。でも逃げるってどこに?
迷っていたら、前浜からご常連の奥さんが歩いて来られてねこやの前で
待っておられたので山から降りました。
「逃げますか」と聞いたら「はい」とおっしゃる。
それでは、ということでソラくんを捕まえて車に乗せ、コナちゃん入りゲージも積んで
静内市街の手前、真歌の高台に車で逃げる事にしました。
海のすぐそばを国道が通っていて、浜を見てもまだそれほど増水はしてません。

乗馬施設ライディングヒルズに登っていく高台はもう車で一杯です。
たぶん入船町の人達だと思います。
私と奥さんとソラとコナは海の見えるかなり高い場所に車を止めて
ラジオを聞いていました。津波到達が3時半過ぎの予定。

車内のソラ。
b0059684_20242787.jpg

ゲージに入ってない段階でもうアウトですが、もしこのまま避難所にでも
行く事になったとしたら…と思うと、あまりに何の備えもしてなくて猛省。
自分の緊急持ち出し袋と一緒に、ねこ営業部用の袋も用意しよう。

4時半になり、津波到達時間から1時間ほど経ったので店に戻る事にしました。
路肩にたくさんの車が停車している坂道をゆっくりと降りる途中、
多くの人が車の中から、あるいは降りて港を見てました。
左手に入船の静内築港が見えます。
b0059684_20315551.jpg

四角く区切られた部分が静内の港です。あまり大きくありません。
中に海水がどんどん入っていくのが上からも見えました。
b0059684_20324810.jpg

端に寄せてあった漁船が、流されて築港の真ん中に。
港に入り込んだ海水は渦を巻いています。
b0059684_20342048.jpg

ここでは2隻の船が転覆しました。

帰りに海沿いの国道を通った時には、古い海水浴場の建物のすぐそばまで
海水が来ていました。川も逆流ぎみ。
国道と平行しているJRの線路までは水は上がっていなかったです。
ねこ食に戻ってきて、テレビを見ていたら浦河の港で自動車が何台も
流されていました。大黒座は港のすぐそばなので心配したり。
コナとソラは店の中のいつもの場所で、ちょっとグッタリして寝てました。

だんだん東北や関東の被害状況がテレビで報道されてきました。
5時半頃、ねこ食の窓から見える海を眺めていたら
海水が引いていて、いつもは見えない海底の岩が見えました。
これは来るかも、と思いましたが、たぶんもうコナソラを車に乗せるのは
ちょっと無理だな、とも思って避難はしませんでした。
その後、いつも見えているテトラポットが隠れるほど海水が来ているのも見ましたが
それ以上は波は来なかったので大丈夫でした。
ラッキーでした。

暗くなって、前浜のご常連の奥さんがまたねこ食に避難しにいらしたのですが
家にまでは波は来なかった模様。
8時半になって、もう大丈夫だろうと言う事で家に戻られました。
私は、ねこ食泊で、服を着たまま寝ましたよ。

今回の大地震、うちはたまたま無事だったのです。
大きな地震被害は今までも何度も経験していますが、津波は想定外。
スピードと、決断力の勝負だなと思いました。

被災地の皆さんに、温かい食べ物を食べてもらいたいです。
ゆっくりと布団で寝てもらいたい。
原発で必死の作業をしている方達が無事で帰れますように。
停電で二次被害が出ませんように。
[PR]
by eniwasorati | 2011-03-14 20:57 | ねこや日記 | Comments(4)
Commented at 2011-03-14 23:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eniwasorati at 2011-03-14 23:39
香さん、ありがとう!
いつもなら何の根拠もなく「大丈夫、大丈夫」なんて言ってるのですが
今回ばかりは緊張しました。
ソラも相当緊張していたらしくて、外を自由に歩かせていても
私の後をついてきました。こわかったんだね。
そちらは停電でまだまだこれから大変だ。皆でがんばろう。
Commented at 2011-03-15 09:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eniwasorati at 2011-03-15 09:51
bgdogdogさん、ありがとう!ご心配をおかけしました。
日高は地震地帯だし、今までも家中めちゃめちゃやら断水やら電柱折れるやら
いろいろありましたが、今回は緊張感が桁違いです。
連鎖的にいろんな所が揺れてるみたいですし、日本中どこでも
まだまだ油断できません。派生した原発問題とか都市停電とかで
二次災害も心配です。でも、それらを心構えつつ、
毎日の仕事を丁寧に精一杯やっていくしかないですよね。


<< ツイッターの使い方 ねこや食堂は通常営業してます >>