映画を見ない人生よりも、見る人生の方が豊かです

今日は天気が午後から荒れるという予報でしたが、日中はお天気が良くて
ちょっともうかった感じがします。
夕方、雲が広がって来ましたが西の空、雲の隙間から
とても赤い夕陽が差し込んで、ちょっと不思議な天気でした。
そう言えば、朝も雲間の太陽に虹が取り巻いていて不穏だったなあ。

木曜日、浦河大黒座で「小さな町の小さな映画館」を見て来ました。
家を出るのが遅かったので着いた時にはもう予告編がかかってました。
ロビーには他のお客さんがいなくて、若奥さんとちょっと話して
中に入って見ると、なんと観客席が埋まってます。
平日の午後4時ですが、20人以上おられたみたいです。
大黒座の映画を、大黒座で見よう、見ておこうとする浦河の人々。

映画は、大黒座の成り立ちと三上さん一家の歴史を軸に
浦河の町の盛衰も織り込んで、大黒座を取り巻く町の人々の
様々なエピソードを丁寧に広い上げています。
で、全体を通じてですね、大黒座がここにあり続ける奇跡と
維持し続ける三上さん一家って、
ただ事じゃねーぞ
と言うことが伝わると思います。
ただ事じゃない93年の歴史を、ごく普通に積み重ね続ける三上さん。
次の世代にも伝わってる余韻も残る、いい映画でした。

なくなったら困るから、自分でやる。
こんな生活がしたいから、自分でやる。

思えば、映画に登場しているいろんな商売をしている皆さんも
そこは通じてる感じがします。
生活に何かが足りないなら、自分で作り出せばいいんだよね。

そして「こんな映画が見たい」なら、自主上映をすればいいんだ、と
思われて、企画された方々がいらっしゃるようです。
浦河町内で小さいお子さんを持つお母さん達が立ち上げた自主上映会。
風の中で♪ 大黒座
風のなかで むしのいのち くさのいのち もののいのち

3/5(土)〜3/11(金)  ①13:30~ ②19:00~ 

浦河大黒座にて上映です。
2009年、都心の幼稚園の中で自由に伸び伸びと暮らす年長さん達の
卒園までの1ヶ月を追ったドキュメンタリーです。

その後の上映予定「ガイアシンフォニー第7番」も
自主上映ですって。
なんか、すごいな。いいな。
[PR]
by eniwasorati | 2011-02-12 19:04 | 大黒座情報 | Comments(0)


<< 3連休おつかれさまでした 「小さな町の小さな映画館」見て... >>