「小さな町の小さな映画館」上映初日

今日は暖かい一日でしたね!
体調がどんどんよくなります。やっぱり寒くてちょっと
風邪気味だったのかも知らん。
今日は、午後からお茶をしに来られる方々が多かったです。
そんな気分の春っぽい日でした。

浦河大黒座では「小さな町の小さな映画館」が初日を迎えました。
b0059684_23375527.jpg

大黒座をテーマに、取り巻く人々を含めての物語をドキュメンタリーで
描いてくれました。
森田惠子監督、どうもありがとうございます!

今日初日は大入り満員だったようです。
私は行けなかったのですが、映画を見てきた恵庭のS先生が
帰り道に報告に寄ってくれました。
S先生も映画の中に登場しているのですが、
撮影中は自由なトークをしているので、映画の中で使われている
部分を見ると「自分、そんなことしゃべってたかなあ?」と思ったとか。
私も出ているんですが、確かに何言ったか覚えていない…

古くから大黒座を知っている人には懐かしく、
大黒座を知らないよその町の人には、浦河と言う町に行ってみたくなる
映画みたいです。
2月18日まで、毎日16時からの上映です。
(2月9日は12時20分からの回もあります)
特別料金 500円。

4月30日(土)には東京、下高井戸シネマでも上映が決まっています
東京の方はぜひそちらで。

それにしても、大黒座の三上のおじさんがいたら
すごく喜んだろうなあ、そうだよねえ、と
S先生としみじみ語り合いました。
[PR]
by eniwasorati | 2011-02-05 23:53 | 大黒座情報 | Comments(2)
Commented by SHO at 2011-02-07 00:01 x
初日、行って楽しんできました。
何度もねこやさんにお邪魔していますが
うどんを打つところを見たことなかったなぁーと
映画を観ながら思いました。
出演している方々がすぐそばで一緒に観ているという
不思議な体験でしたよ。

少しだけ当日の写真撮ってきました。
感想と共に、ブログに載せました~。
Commented by eniwasorati at 2011-02-07 19:04
SHOさん、今日はありがとうございました。
「小さな町の小さな映画館」初日の様子、拝見しましたー
大黒座が賑わって、満員御礼な状況は本当に幸せな気持ちになります。
出演している人達、たくさん行ってたみたいですよね(笑)
そういえば、うどん打つとこ、わざわざ後日また撮りに来てくれたのでした。
使われてたのか。
ブログの記事も、ありがとうございます!
そうそう、大黒座は名画座じゃなくて封切館なんですよ。
新作映画が配給会社から直接送られてくる映画館です。
大黒座のおじさんがお元気だった頃に誇らしげに教えてくれた思い出があります。
私も早く見に行きたい…


<< 手作りエコせっけん 「はりま製麺」自慢の中華麺『職... >>