「悪人」見て来ました

昨日は久しぶりの休みで(先週営業しちゃったし)
浦河大黒座に映画を見に行きました。
「悪人」上映中(2月11日まで)です。

「悪人」は原作が新聞小説で、連載中に読んでいましたが
連載当初は「うわ、なんだか現代若者のケータイ出会い系の話~?」と
ちょっと引いたのです。
それまでの連載が確か歴史物で堅かったので、なお更。

しかし、毎日読み進めるごとに、その現代若者たちが
決して若者だけの世界に住んでいるのではなくて
彼や彼女が連鎖的に引き起こした事件が
家族や周囲の人々を巻き込んで行く様子に、私も引きこまれました。
彼らが住む九州の地方(博多、長崎、佐賀)の地域性の問題ではなくて
日本の田舎、どこででも起こっている様々な現実、
田舎ならではの閉塞性、この「どこへも行けない」息苦しさ、
そういったものが丁寧に描かれています。

私、いつも思うんですよ。
よその土地で暮らす事なく、ここでずっと生きていく子供達に
「外の世界があるんだよ」と伝えたい。
都会だと芸術でもスポーツでも、技術を習う選択肢は多いのですが
日高にはなかなかそういう機会がなくてね、
いろんな才能が開くことなく大人になってしまう…
もったいないです。
でも、それは都会だから、田舎だからって事でも
もう、ないのかな。

「悪人」という映画はとてもよく作りこまれていて
登場人物たちの住まいが、本当にそこに住んでいるみたいに
リアルです。おばあちゃんの台所とか、よくまあ。
床屋のお父さん柄本明さんの演技には3回泣かされました。

大黒座さんのロビーに、大きな猫が寝ていて
あとで聞いたら「居候」なんだそうです。
写真撮りたかったなー、すごく絵になる。

明日いよいよ「小さな町の小さな映画館」上映開始です。
大黒座のドキュメンタリー映画「小さな町の小さな映画館」
2月5日(土)~2月18日(金)

1日1回上映 16:00~

大黒座(浦河大通り2丁目18 電話0146-22-2149)

料金 500円
(大黒座サポーターズクラブの後援により特別料金 どなたでも500円で見られます!)

初日2月5日 16:00の上映後には森田惠子監督のトークもあります。
(場所は文化会館に移動します)
たくさんの方が見てくれるといいなあ!
[PR]
by eniwasorati | 2011-02-04 08:55 | 大黒座情報 | Comments(4)
Commented by 散歩人 at 2011-02-04 20:08 x
今晩は。ご無沙汰しました。
申し訳ありませんが、
熱が37.8度有りますので大事を採り、
遠出は自重し控えて土日は安静します。
さもないと自分の誕生日(8日)に寝込む事に
為りかねませんf^_^;)
従って映画は無論の事、
貴店へも行けません…。
折角監督が御出でに為り、
御話が聴けるのに残念ですが、
事情ご理解下さいm(._.)m
Commented by 瓜楠 at 2011-02-05 21:23 x
はじめてコメントさせていただきます♪
(ときどき静かにおうどん食べさせていただいてますが ^^)

今日、「小さな町の小さな映画館」観てきました(^o^)
大黒座が満席になって、しかも立ち見も出る状態に、涙出そうになりました・・・
映画、すごくよかったです(^-^)
コナちゃんそらくんもしっかり出演してました。
ギャラもらったのかな・・・

あ、立ち見の方には、ちゃんと丸イス折り畳みイスあたってましたので、ご心配なく。
Commented by eniwasorati at 2011-02-05 23:15
散歩人さん、お大事にしてください。
今度はぜひ無理のない計画で、いらしてくださいね。
大黒座の映画は2月18日まで上映していますが
もしお近くで上映したらその際は見てください。
Commented by eniwasorati at 2011-02-05 23:20
瓜楠さん、ありがとうございます。
「小さな町の小さな映画館」大入りだったんですね。よかったです。
映画に登場している本人達もたくさん見に行ってたようですよ。
大黒座の映画を、登場人物達とその場所で見るって
なんだかめったにない事なので、とても贅沢な感じがしますね。
うらやましい。


<< 【扶桑社】『珍獣の医学』 田向... 青色申告のお知らせ >>