めろでぃ臨時号 発行されました

浦河映画サークルが活動活発な頃に、ほぼ毎月のように
発行されていた大黒座映画機関紙「めろでぃ」がありました。
浦河映画サークルと大黒座の歴史は
「小さな町の小さな映画館」のサイトに書かれているので
こちらをご覧下さい。

このたび「小さな町のちいさな映画館」の特別上映を機に
cafeアッシュのPOPさんが久しぶりに「めろでぃ」を
復刊してくれました。
b0059684_18305533.jpg

原稿、レイアウト、記事本文の手書き、上映映画のお知らせ、広告と
POPさんがほぼ一人で作ってくれました!すごいよ。
序文に森田惠子監督の一文が載っています。
〆の文は署名がありませんが、もしかしてぱんぱかぱんさん?かな?

浦河映画サークルの当時のメンバーには
日高支庁にお勤めの方や、浦河高校の先生達が多かったので
皆さんがだんだん転勤していくと、活動する人も自然といなくなって
しまったのでした。
活動活発の頃は、大黒座映画祭や自主製作映画、
ゆうばり映画祭ツアー、ハレー彗星観察会、
泊まり込みモノポリー大会など、大人の楽しい遊び場でもありました。
機関紙「めろでぃ」も皆で記事を持ち寄って、作ったものです。

今回の臨時号「めろでぃ」も当時の勢いそのまま再現されてて
とても楽しいです。
ねこや用に何冊か分けて頂いた(POPさん、ありがとう!)ので
各テーブルに置きました。お食事の際に、料理が出来るまでの間
お手に取ってお読みください。
[PR]
by eniwasorati | 2011-01-25 18:40 | 大黒座情報 | Comments(0)


<< ぼちぼち青色申告の季節 綿毛布でできたネコぬいぐるみク... >>