「笑の大学」見てきました。

笑えました。作・脚本三谷幸喜。監督星護。かなり息があっていると
思います。役所広司と言う人もいい顔するんだよなあ。
吾郎ちゃんも、どこまでも吾郎ちゃんな持ち味を逆手にとって
好感度高めな若手劇作家ぴったりに仕上がってました。

脚本は舞台、ラジオドラマ、映画と作者が何度も手を入れている
だけあって流れるような言葉の楽しさはまさに三谷節炸裂です。
しかしこれは映画。画面作りはどうなんだろう。
…大丈夫、映画のスタッフも受けて立っています。
細かいディティールがすばらしい。特に劇場から警視庁までの
町並みといったら毎回間違い探しのような細かさで時間の流れを
表現しています。
役者もすばらしい。背景も、テキスタイルもほんとに楽しい。
そして心をうつのです。
以下…ネタばれというか、私の感想ですが


これって純愛だよね 。警視庁の真中でなにか叫んじゃってるもん。
[PR]
by eniwasorati | 2004-12-17 12:54 | 大黒座情報 | Comments(0)


<< 昨日に引き続き大荒れ 映画上映スケジュール >>