小さな町の小さな映画館

昨日は木曜定休で、ねこ食はお休みだったのですが
個人的にまたまた慌しい1日でございました。

しかし夕方、埼玉からのお客さまがいらして
楽しいお話をずいぶんしましたよ。
浦河大黒座を主役に据えたドキュメンタリー映画
「小さな町の小さな映画館」を制作中の森田恵子さんが
ねこ食のうどんを撮りに再訪されたのでした。

浦河大黒座の92年の歴史と、ミニシアターとなった現在の
大黒座を守る三上さん一家と、応援する町民の姿を
ユーモアを込めた視点で撮影してくれています。
感動とか泣ける話とかじゃなく、町の人と同じ様に
面白がってくれる森田さんの視点、かなりいいですよ。
「製作日記」を読むと、森田さんの
大黒座と浦河町民を撮る視線がどんどん深まって行くのがわかります。

映画の完成は12月ですが、11月6日土曜日の
第7回大黒座まつりで予告編が上映されるそうです。
ぜひ足をお運びください。

ねこや食堂はこの週末も通常営業、朝7時からです。
[PR]
by eniwasorati | 2010-11-05 08:09 | 大黒座情報 | Comments(0)


<< 6周年記念エコバッグは明日まで チャーシュー仕込みました >>