絵笛駅に行きました

昨日は定休日でしたが、いろいろと用事があって遠出ならず。
イタリアントマト5kgを頂きに浦河町瑞穂の農家さんに
出掛ける用事がありまして、牧場も田んぼもすっかり秋の気配。
いい感じだったので、ついでに絵笛駅にも行って見ました。

なんで絵笛駅かと言いますと。
ご常連さんである、新冠の旅人宿ふかふか亭のお二人が
ライダーなどのお客さまにおすすめするスポットだとおっしゃるのです。
ええー!だって、なんにもないよ!
その、なんにもなさがいいのだそうです。

国道235号を、絵笛入り口という看板から山側に入って
しばらく行くと、踏切を渡ります。
そこから右側をよく見て行くと…駅…なんか…あったか?
見落としました。

もう一度、引き返してまたよく見る。
橋げたのないコンクリート製の橋が何箇所かありますが、
中でも「転落注意」という看板がある橋を渡ります。
b0059684_2153358.jpg

反対側からも撮影。いったい、どこに駅が?
b0059684_2155412.jpg

その道を突き当たりまで進むと、住宅の向こう側に線路があります。
その右手に、ホーム。
b0059684_21565049.jpg

線路は単線です。
こちらが駅舎。中にベンチがあるだけの、バス亭みたいな感じです。
b0059684_2158291.jpg

前も後も馬の放牧地で、馬がいっぱいいます。
b0059684_220066.jpg

そうかー、この風景…いいのかー…

「えふえ」って書いてありますけど、町民は「エブエ」って言ったんですよ。
語源もアイヌ語の「エプイ」で、濁音と半濁音の違いはあれど、
「ふ」の音は濁るんです。
意味は「(ふきのとうの)蕾のような山」だそうです。

国鉄さんが、地図だけみて勝手にえふえという振り仮名を振ったのかな。
浦河駅の次駅「東町」も、私が子供の頃は「あずまちょう」と言ってたのに、
駅が新設された時に駅名がなぜか「ひがしまち」になっちゃって、
今はそっちが通称ですもんね。

明日から連休です。
ねこや食堂は通常営業、朝7時からやってます。
[PR]
by eniwasorati | 2010-09-17 22:16 | ねこや日記 | Comments(4)
Commented at 2010-09-18 20:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eniwasorati at 2010-09-18 21:39
こんばんはー
そうそう、絵笛駅は今放送中の「チャンス!」の冒頭でも
ロケに使われたらしいんですよね。
ロケハンの人達はよくこういう場所を見つけるなあ。
日高は海アリ山アリ馬アリで、結構使えると思うんですよ。
線路も単線で味があるし。
韓国で北海道が人気だから、韓国ドラマで日高を使ってくれたら
観光客が一気に増えたりするかもですね。
Commented by のむら at 2010-09-21 13:10 x
こんにちは!今月18、19の晩にふかふか亭さんに連泊しました。

秘境駅として有名な?絵笛駅から線路を歩いて50Mぐらい行くと線路を横断する踏切がありますが、そこが牧場の真ん中にあるので、馬専用の踏切があるんですよ。でも私有地だから線路を歩いて・・。

線路を歩くのはほんとはいけないのですが、絵笛駅の待合室のある列車の時刻表をみて、列車があと3時間は来ないな!って瞬間に行ってきました。
あっ、でもほんとたまに保線員の方が来られるので行かれる時は注意してくださいね。
Commented by eniwasorati at 2010-09-21 20:43
のむらさん、コメントありがとうございます!
絵笛駅は地元民も、地域外に住んでいるとほとんど「それってどこ?」な
感じなので、旅人がよくあそこを訪ねていけるもんだなあ、と
しみじみ思います。
私も今回、一度通り過ぎてしまいました。
たぶん、他にも地元の人が見落としている名所があるんでしょうねえ。


<< りんごが安くなってきました 母ヒロコのいちご畑 >>