驚愕の突然訪問

今日は午後からの歯科通院となりまして、4時から5時半まで
ちょっと抜けました。戻ってきてすぐに営業再開しましたよ。

すると、車が1台店の前に止りました。
お客さまご来店!と思ったら、なんとそれは以前大変お世話になった
札幌の弁護士の先生だったのです!
日高での仕事の帰りにわざわざ寄ってくれて、様子を見に来てくれたのでした。

先生「店の営業はどうなの?なんとかやってるの?」
私「はい、なんとかぼちぼち」
先生「ぼちぼちってのは、上手い事行ってるという意味かい?」

先生は昔から、私達が曖昧な表現をすると怒る厳しい方で…(笑)

私「あっ、先生、うち雑誌に掲載されました!」(HOを見て頂く)
先生「それはよかったね(HOを見て)こうして見ると、まあ…」
私「先生、タイトル見てください。はぐれカフェです」
先生「はぐれカフェ…」(苦笑い)

とても忙しい方なので、玄関先でこのやり取りをしてすぐに
車で出発されました。
その間際にも、ねこ食を心配してくださって
先生「草を刈りなさい。入り口をもっときちんと整備しなさい」
私「はい、明日、母が刈ります!」(自分でやれ)
先生「ここは内側に入ってしまうといいんだけどねえ、外から入る時に分かりづらい」
私「先生、それも 味 ですから」
先生、再びニガワラ。

昔、実家がいろいろ大変だった時に、本当に親身になってくれて
窮地を脱出させてくれた大恩人の先生ですが、初対面ではとても怖かった。
今も何かと気にかけて頂いて、でも、こんな風に軽口を交せるようになるとは
16年前には思いもよりませんでした。

当時は毎日が綱渡りのような厳しい状況でしたが、今こうして平和に暮らせています。
「今があるのは、助けてくれた人がいるから」
と言う事を、心から思い出させてくれた訪問でした。
ありがとうございます。
[PR]
by eniwasorati | 2010-06-18 19:00 | ねこや日記 | Comments(2)
Commented by hal_urara at 2010-06-19 15:20
・・・・ 私も この記事よんで 苦笑い ( ̄ー ̄)ニヤリッ

汗かきまくっているのが 見えるようで。

そしてなんだか プチッと 温かい涙が浮かんでくるような

面白いお話でした! ^^
Commented by eniwasorati at 2010-06-19 21:31
halさん、いやもうホントにあせりました。
実家のいろいろは結局10年以上かかっての解決となったので(まだあるけど)
その間ずっと私達を叱咤しつつも親身になって下さった弁護士さんです。
でも本当に多忙を極めている方なので、日高で仕事があったとしても
ねこ食にふらりと寄って下さるなどと言うことは全く想定外でした。
腰が抜けるかと思いました(笑)
次にお会いする時も、きっとまた怒られるんだろうなあ、ははは


<< オランダ戦 今日も変則営業です >>