下の句百人一首

ねこ食前の駐車場に今朝、久しぶりにスクールバスが来ました。
今日から新学期なんですね。

今年は新型インフルエンザのせいで冬休みが短くなるんじゃないかと
心配されてましたが、それは大丈夫だったんだな。
北海道は本州以南の小中学校よりも冬休みが長いですが、
週休五日制になってから昔よりはずいぶん短くなりましたよね。
私達が子供の頃は1ヶ月くらい休んでた。
子供会の百人一首大会なんかがお正月頃にありました。

先日、百人一首の名人戦をテレビで見たのですがすごいですね。
だって紙だよ。薄いよ、札が。
北海道の百人一首は木札ですもん。厚さ4mmくらいあります。
そこに独特の太い筆書きで下の句が書いてあります。
由来や詳細はこちら
内地のカルタは上の句を読んで下の句を取るので、全部覚えなくちゃいけませんね。
北海道は下の句を読んで、下の句の札を取るんだから簡単な気がしますけど
木札に書いてある文字が難しくて読めないんですよ。
こちらのサイトが木札を解読してくれています。
今なら崩し字だとわかりますが、子供の頃は
「あはで」の「は」はどうして「ハ」なの?「あいで」に見えるよ。しかも「あわで」って読むよ…と
疑問符でいっぱいでした。
もう、形で覚えるしかない。歌、関係なし。

大人になってからはなかなか百人一首やる機会がないですな。
たまにはやってみたい気もします。
[PR]
by eniwasorati | 2010-01-18 22:00 | ねこや日記 | Comments(0)


<< 雅窯 作品展示終了 窓が凍結 >>