「チェ 28歳の革命」見て来ました

今日は冬タイヤをやっと交換。ついでにオイルも交換してもらいました。
北海道はとても寒くて、峠は雪だったようです。平地は雨。
日高山脈の方を見たら雪雲でどんよりしてましたよ。
桜、私の予想は5月3日開花なんですが、それより遅くなるかなあ。

今日は久し振りに大黒座で映画を見て来ました。
現在上映しているのは「チェ 28歳の革命」
タラと映画のブログに感想を書いて来ました。
チェ・ゲバラのキューバ革命をソダーバーグ監督が独特の映像で
見せてくれます。
私はキューバ革命の予備知識はあまりなくて、ゲバラとカストロが
誰と闘っているのかがよく分からなかったのですが、相手は政府軍。
そらそうだわな、革命だもんな。
凄惨な戦闘シーンも軽い発砲音とロングのカメラワークで独特のユルさが
ありますが、それがまたリアルです。農民兵たちののんびり感とか南国っぽい。
ゲバラ司令官には戦闘指揮の他にも農民兵達の教育やしつけも任じられていて
割と最初から最後まで若くユルい兵士を優しく厳しく叱っていましたな。
まだ若い(設定)なのに、すっかりおとっつぁんなゲバラでした。

大黒座では今後も話題作が目白押しです。

4月18日(土)~5月 1日(金) 「チェ 28歳の革命」

4月25・26・29・5月2~6・9・10「ドラえもん 新 宇宙開拓史」
朝10時の上映です。

5月 2日(土)~5月15日(金) 「マンマミーア」

5月16日(土)~5月29日(金) 「恋極星」

5月30日(土)~6月12日(金) 「アライブ」

6月13日(土)~6月28日(金) 「ラースと、その彼女」

6月29日(土)~7月10日(金) 「チェ 39歳別れの手紙」

大黒座はデジタルドルビーサウンド完備だからミュージカル「マンマミーア」も見逃せないなあ。 
「アライブ」はいわゆる「アンデスの聖餐」のドキュメンタリーであの飛行機事故の生存者が
事実を語ります。決してエキセントリックなものではなく、生と死を深く考えさせる1本。
「ラースと、その彼女」も都市部のミニシアターで公開されてとても話題になった映画です。
そういう作品も地元大黒座で見られるのは幸せだ。
大黒座さんから大人200円引き(高校生以下100円引き)の優待券をたくさん頂きました。
ねこ食の玄関に置いてますので、ゲットして映画をスクリーンで見てください。
[PR]
by eniwasorati | 2009-04-23 21:12 | 大黒座情報 | Comments(2)
Commented by at 2009-04-23 23:49 x
大黒座のファンです!
地元民なら入り浸るのに!(笑)。

マンマ・ミーアは、チケット買ってあったのに、仕事が修羅場で観られませんでした。無念です。
ぜひ、ご覧になってレビューを!
Commented by eniwasorati at 2009-04-24 18:34
香さん、ありがとう。大黒座さんの上映ラインナップ、好きな映画が
目白押しでちょっとドキドキしました。これは真面目に通わないと。
「マンマミーア」見ます!大黒座さんは音響がとてもいいので楽しみ。
「アライブ」も以前から予告編を見たりナショジオでやってた実録ドキュメンタリーを見たりして
期待大なのです。シビアな中にも愛のある現実の物語。
そして「ラースと、その彼女」ですよ。まさかこれをスクリーンで見られるとは!


<< 天気予報は雪 ひとり作戦会議 >>