べこ餅もらいました

毎日ブログに記事を書くにあたってネタに詰まる事が多々ありますが
今日は「マツモ」「朝ご飯」「紙与作」といろんなネタが。しかしまずは「べこ餅」について。

北海道と東北(一部)では端午の節句あたりに食べる餅菓子で
米粉を蒸して作ります。べこ餅という名前は黒砂糖を使った黒い生地と
白砂糖の白い生地をまだらに組み合わせた模様から牛=べこを連想させるからとも
べっこう餅→べこ餅になったとも言われます。
と、べこ餅についての今更ながらの説明を何故しているのか
北海道の人にはぴんとこないですね。これは全国区のお菓子ではなくて、
分布は北海道および東北の一部だけと知らない道産子も多いのです。

お友達から今年初のべこ餅を頂きました。
三石の知り合いのおばあちゃんが作ってくれるのだそうです。
b0059684_2022189.jpg

きれいです~
コンビニやスーパーでもべこ餅を売ってますが、ぎゅうひみたいで食感がちょっと違う。
やはり米粉の噛むとぷっつりする風味がいいです。
べこ餅の模様も各家庭でそれぞれに伝わっていて、「のし」や「木の葉」などいろんな模様があります。
母ヒロコのは渦巻き状の模様で木の葉型、笹の葉に乗せて蒸します。
最近食べてないなあ。今度つくってみるか。
知内町のお店のサイトがありました。ご参考に。

さて、明日3月19日木曜日は定休日です。
あさって20日金曜日以降の週末は通常営業、朝7時から夜7時までです。
祝日も営業してます。週末、ひさしぶりに天気がいいと嬉しいですね。
[PR]
by eniwasorati | 2009-03-18 20:37 | ねこや日記 | Comments(8)
Commented by こぶたった@道外出身 at 2009-03-18 22:26 x
そうか、やっと「べこ餅」のいわれがわかりました!!
あの茶色は黒糖だったのか。
いろんな模様があって、いったいどんなものかが良くわからなかった・・。
いわゆる粽とか柏餅とかいう感覚なんですね!納得納得。

まだまだ、北海道は未知のところが多くて、このような説明がとても助かります・・・・。こんなこと書いている私ですが、ついに北海道生活5年目に突入・・・・。
Commented by ソルティエ@千歳男 at 2009-03-19 01:47 x
べこ餅が全国区じゃないとは知りませんでした。

知内のお店、千歳にも支店があると思います、たぶん…。
前にフリーペーパーに載ってたはず。千歳なのに知内…って覚えが。


「紙与作」…気になりますねぇ
Commented by ポパイ at 2009-03-19 09:16 x
「紙与作」…気になりますねぇ
作っています、静内のホームセンターで機材(5千円ほど)購入して
新聞を水に浸して、ちぎり・・与作製作器に投入して圧縮して乾燥!!
リハビリの為ですから、気が向けば一日に二~3個
今までに200個は越えたかも。
Commented by eniwasorati at 2009-03-21 21:54
こぶたったさん、手作りベコもちはお店で売っているのとは
全然違う食感なんですよ。ちょっと硬めで噛みしめる味わいです。
私が小学生の頃はかしわ餅の存在すら知らなくて、ベコ餅がかしわ餅なんだと
思っていました。菓子店にはあったと思うんですが、5月5日の節句には
家庭でべこ餅を作って食べるのでかしわ餅を買った事がなかったんですね。
北海道独自の風習って結構ありますよね。
Commented by eniwasorati at 2009-03-21 21:57
ソルティエ@千歳男さん、北海道および東北の一部だけなんですよ、ベコもち。
知内屋さん、千歳支店ありますね。うさぎベコもちが可愛いのでちょっと
買って見たいです。木曜日に自分でもベコもちを作って見て細工をするのは
とても難しい事がよくわかりました。
紙与作、今度また記事に詰まったら書きますね(笑)
Commented by eniwasorati at 2009-03-21 22:05
ポパイさん、紙与作実践中ですか!
私は説明書を見ただけで作らずに挫折しました。
200個もあれば結構焚けますね。
紙与作についてはそのうち記事で詳しく皆さんに説明したいと
思います。
Commented by オリーブ at 2009-03-22 08:35 x
ベコ餅・・・北海道生活15年目になります。
今年はもう3回も作りました。
農家のベテラン母さん達とは違う模様??
味は変わりません、材料はほとんど同じですもの。
お腹に入れば良いわけで・・なんて開き直っています。
30日に最終回のベコ餅作りでまた1年後に味噌仲間と再会します。
Commented by eniwasorati at 2009-03-22 22:08
オリーブさん、私もベコもちを先日作って初めて、美しい模様は極めて
高い技術なのだなあ、と思い知りました。
まず黒と白の生地の硬さを同じにしないと難しいんですね。
形はいまいちでしたが、味は美味しかったです。慣れれば気軽に
出来そうですよね。ベコもちは春の食べ物、という感じです。また作ろう。


<< ベコもち その後 商号登記 >>