うどん修行時代はない…というか

「四国でうどん修行してきたんだよね?」とよく言われます。
今日も従兄弟に聞かれましたが、いやいやいや、修行はしてません。
強いて言えば、店を開けてからが即ち是 修行。
製造販売しながら日々精進。なんか、すみません。

会社勤めを辞めて、札幌でセルフうどんチェーン店第1号の開店スタッフと
してアルバイトに入るまでの1ヶ月ちょっとの間に関西と四国に行きました。
その時には「うどん屋をやる」と決めていたので、出来るだけ多くのうどんを
食べようと心に決めて行きました。
それが「冷たいうどん初体験」「セルフうどん初体験」です。
まだ札幌のセルフ草分け「かがわ軒」にさえ行ってない時でした。
食べる方でもうどん初心者だったのに、いきなり「赤坂」で
「宮川」で「谷川米穀店」ですよ。すごく濃かったです。
客がはさみでネギを切る。テーブルに2リットルペットボトルの水が置いてある。

うどん屋をやる、と言うだけで製造方法もだしの取り方も知らなかった私が
今こうして曲がりなりにも手打ちうどん屋を名乗っていられるのは
この時の経験がとてもとても大きかったからです。
あの、なんでもありの世界を目の当たりにして
私もやってみたい!という強い気持ちが生まれました。
店を開くには何年か修行するのも必要な事ですが、瞬発力も大事です。

で、結局ですね、うどんの打ち方は本を見て独学です。
でもそれだけでは、ちゃんとしたうどんは打てなかった。
親族がうどんの現場で働いていたので、リアルなアドバイスをもらって
初めて理解できました。現場のコツですね。
今もまだまだ修行中。うどんは難しいけど、楽しいよ。

さて、明日3月12日木曜日は定休日です。
あさって13日金曜日以降の週末は通常営業。
ああ、1週間は早いなあ。
[PR]
by eniwasorati | 2009-03-11 21:49 | ねこや食堂の歴史 | Comments(10)
Commented by 事務局長43 at 2013-06-12 12:08 x
「うどん修行時代はない…というか」
はじめまして。急な書き込みで大変恐縮いたします。表題の記事読ましていただき、非常に興味深く思いました。
自身も現在「手打ちうどん屋さん」の開業を目指し、まもなく退職、行動に移するところでございます。「やっとスタートラインが見えてきた」と言うところでした。技術習得の為には先ず香川と思い、とある選考の為、今月行って参ります。アドバイス等いただけれありがたいのですが。
Commented by eniwasorati at 2013-06-12 20:30
事務局長43さん、ありがとうございます。
これは2009年の記事ですが、今も修行中の気持ちです。

手打ちうどん屋さんになられるんですね。
上記の記事中にも書いていますが、
香川では技術習得というよりは、あの「うどん県」の
雰囲気と、なんでもありの空気をたくさん吸収した方が
きっと後の実際に営業している時に、
何かの役に立つと思います。

実際、ちょっと讃岐に行っただけで
自分が打つうどんに大きな違いが出るとは
思わないのですが、
うどんに関わる気持ちに、かなりゆとりが生じると
思うのです。

ねこや食堂がある北海道日高は
どちらかと言うとうどんよりは蕎麦、ラーメン。
手打ちうどん、というか、冷たいうどんを食べた事が
ない人もたくさんいます。
そこで、手打ちうどんの美味さをちょっとでも
伝えることが出来たらいいな、と思います。

讃岐に行ってみて、
生活に深く根強くうどんが息づいている地域と人を
目の当たりにすることで、
静内や日高にうどん大好きな人がどんどん増えるイメージを
持ち続けることが出来ます。

教えてもらおう、と思っていたらいかんですよ。
自力で、感じ取る。
これです。
がんばってくださいね!
Commented by 事務局長43 at 2013-06-13 01:41 x
「ねこや食堂」店主さま。
ご丁寧なご返答頂きまして誠にありがとうございます。大変恐縮しております。本当にありがとうございます。
ご丁寧なコメントに対して、簡単ですが自己紹介させてくだい。
当方、青森県在住、職種経験ですが、飲食業一筋です。
ドーナツ屋さん13年、居酒屋3年、中華6年経験にて退職、43歳、2女の父です。今回の決断に関しては、家族の了承いただきました。
単身で乗りこみますが、香川には職業訓練、丸亀専門学校の「さぬきうどん科」の選考試験に行って来る予定です。定員10名に対し、30名以上の応募情報にて狭き門ですが挑戦します。退職して望む以上は「受かる」しかないです。
万一の事も当然視野に入れなければならない中、実際、既に何年も結果を出されている店主さんに、お伺いさせていただきたく書き込みさせて頂いた次第です。
また是非相談させていただければと思います。






Commented by eniwasorati at 2013-06-13 08:03
事務局長43さん、わかります。
独立開業、絶対に失敗できない不退転の決意。

私は事務系の仕事から、いきなり飲食店開業で、
独身の身分でしたので、
自分ひとりの身が立てればいい感じでしたが、
それでも開業時は事務局長さんと同じくらいの年齢だったので
これがこけて、再び再就職活動ってことには
絶対にならない、一生うどん屋やる、という決意でした。

讃岐うどんは、セルフという究極のお客様選択枝があります。
自分でうどんの玉数を選び、冷温を選び、
トッピングを選び、サイドメニューを選ぶ。
これ、面白いですよ。

ねこや食堂はセルフではなくて、フルサービスのお店ですが
いろいろとお客様に選んでいただくメニューが多いです。

飲食店経営は、自分の技術を高めるのと同時に
お客様が何を求めて、どういう面白さを提供できるか、というのも
大事かと思います。

事務局長さんは、飲食店経験を長くお持ちなので
そんなことはもうきっと身にしみてご存知だと思います。
私は畑違いのところからの転職だったので、
いろいろと新鮮!

選考に合格することをお祈りしています。
讃岐に行って、実際のうどん屋さんをたくさん見てきてくださいね。
Commented by 事務局長43 at 2013-06-14 22:56 x
こんばんは「ねこや食堂」店主さま。
ご丁寧なご返答感謝いたします。

「教えてもらおう、と思っていたらいかんですよ。
自力で、感じ取る。」

いやはや何とも・・・。言葉が出ませんでした。
私と同じような年齢で挑戦されて、今現在も成功され、結果をだされている店主さんの仰る言葉には、かなりの説得力あります。まして飲食店の経験が無い中での挑戦は、さぞご苦労された事、容易に想像できます。注いだエネルギーは想像を絶したのではないでしょうか?

■うどんの打ち方は本を見て独学です。
でもそれだけでは、ちゃんとしたうどんは打てなかった。
親族がうどんの現場で働いていたので、リアルなアドバイスをもらって
初めて理解できました■

この文章から本当に元気を頂きました。
どうしてもお伺いしたく書き込みさせていただきました。







Commented by 事務局長43 at 2013-06-14 22:57 x
続きです

「一生うどん屋やる、という決意でした。」

青森でのうどん専門店の開業には、私も、まだまだ可能性を感じずにはいられません。だからこそ挑戦する価値があると信じています。
気持ち、思いだけは絶対にブレる事の無いように挑戦します!
本当にありがとうございます。


まだ20代の頃、北海道へのツーリングに10年程度行かしてもらってました。バイクに荷物をくくりつけ、目的地だけを決め・・・。
登山、風景、つり、キャンプ等、お金とは縁の無いような、日常ではなかなか出来ない事を求めました。それからと言うもの、本当に人生観が変わりました。素敵な仲間とも出会えましたね。
そんな事もあってか、北海道も意識しつつ、ネットでうどん検索してたら「ねこや食堂」さんが引っかかってきて(笑)
こんなに親切なコメントいただき本当にありがとう御座います。
アドバイスを頂いた以上、必ず近況のご報告をさせてください。

店主さまの貴重なお時間を頂戴し感謝いたします。
Commented by eniwasorati at 2013-06-16 23:23
事務局長43さん、ありがとうございます。
北海道のツーリング経験おありなんですね。
ねこや食堂は日高静内にあります。
もしかしたら、こちらを通りがかってるかも知れないんですね。

北海道にも、讃岐うどん店がたくさんあります。
讃岐で修行された方や、香川県出身の方、
関西出身の方、地元で独学の方、いろいろですが
皆さんの経験を聞くと、麺は讃岐の麺で受け入れられるんだけど
だしは、やはり北海道風の濃い目でちょっと甘いだしで
ないと、だめなようです。
私のような、道産子ならいいんですが、
香川や関西出身の方には、その変更はなかなか
難しいようですよ。

同じように、事務局長さんの地元で開業されるのであれば
そこの地元の味を生かすことも大事かも知れません。

うどんは自由。
なにを合わせても美味いんです。
「讃岐うどんとは、こうである」という事にこだわらず
自由な発想で、営業を展開していってくださいね。
では、また!
Commented by 事務局長43 at 2013-06-17 00:07 x
ねこや食堂店主さま。
これまでのコメント本当にありがとうございます、もしも(笑)落選、どうしてもダメになったら、日高にいきます(笑)手打ちうどん、当然無給でスパルタで教えてください(笑)

香川、ご迷惑をおかけしないようしっかりがんばってきます。
大切なお時間、ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありませんでした。これまで元気頂きありがとうございます。
結果は必ずご報告します。
Commented by 事務局長43 at 2013-10-22 00:11 x
こんばんは店主様。
ご無沙汰しておりました。無事「讃岐うどん科」に合格し、カリキュラムを終え青森に戻りました。これまで頂いたコメント、文章を読み直しましたが、実際に香川に行って見て理解することが出来ました。本当にありがとう御座いました。
気持ち的にも心細かったのか、落選の下りは、読み直してとても失礼な書き方をしてしまいました。大変申し訳ありませんでした。
これから開業を目指すべく、一所懸命精進します。
またご連絡させていただきます。元気を下さいまして本当にありがとう御座いました。改めて御礼申し上げます。
Commented by eniwasorati at 2013-10-23 17:29
事務局長43さん、おかえりなさい。
香川に行かれて、いろいろと吸収されて
よかったですね!
実際の讃岐うどんに触れてみて、
たぶんその自由度や販売システムの面白さも
お感じになったことと思います。
それらを生かして、新しいお店作りにがんばってくださいね!
うどん道、なんてものはなくて、
うどんの自由さを楽しんでください。


<< コナねこプリン 浦河のcafeアッシュさん >>