おおよそこよそ

私が讃岐うどんにはまったきっかけの一つに「超麺通団」という本があります。
団長 田尾和俊氏の軽妙な文章と、讃岐うどんに関わるあらゆる奇妙な情報に
「いったいそれはどんな食べ物なんだ!?」とものすごい興味をそそられたのでした。

ちょうどその頃、「水曜どうでしょう」の四国八十八箇所めぐりで大泉さんが
「うどん!」
と、ものすごく美味そうに讃岐うどんを食べていたのを見たのも原因で、
まあその後いろいろあって現在こうして手打ちうどん屋を営んでいるわけですが。
それはともかく。

その「超麺通団」の団長のトークに「それはおおむね正しいがこむね正しくない」という
お得意の言い回しがあって、かっこいいなあ、いつかまねして使いたいなあ、と
思っておりました。
しかしそんなアホな事を言う機会もめったになく、胸に温めておりました。
すると先日、母ヒロコと世間話をしていた時に母が
「おおよそその通りなんだけど、こよそ間違ってる」とか言いまして。
「超麺通団」を読んでない母がナチュラルにそういうネタを…
天然…?それは天然なんだね?

他にも昔さんまさんがテレビで言ってた「トラのあんよの皮だぬき」も
いつか使おうと温めてます。
黒柳さんとのマシンガントークの合間に言ってて、黒柳さんが
「ああた、それは取らぬ狸の皮算用でしょ!」ってつっこんでました。

今日は定休日。
明日からの週末は通常営業 朝7時から夜7時までです。
[PR]
by eniwasorati | 2009-03-05 09:49 | ねこや日記 | Comments(0)


<< 嵐過ぎ去る 角煮を作りました >>